健康情報: 5月 2009

2009年5月29日金曜日

鹿(シカ)を原料とする漢方薬

鹿(シカ)は、漢方薬の原料として色々と用いられますが、
やはり一番特徴的な部位は角ではないでしょうか?

鹿(シカ)の幼角(ようかく)は、鹿茸(ろくじょう)と呼ばれ、
いわゆる滋養強壮剤に良く使われます。

漢方的な効能は次のとおりです。

鹿茸(ろくじょう) 味:甘 性:温
 1.助陽益精 2.健骨振痿 3.納気平喘 4.温腎縮溺 5.固経止崩

薬理的には、末梢血管拡張作用があります。
更に、衰弱した心臓への強心作用と心血流量増大作用を中心とした循環器系改善作用があります。
これらのことから、男性の滋養強壮だけでなく、女性の冷え症や肩凝りなどにも良いと考えられます。

烏頭桂枝湯(うずけいしとう)に鹿茸(ろくじょう)を加えて用いることが
『勿語薬室方函口訣』(ふつごやくしつほうかんくけつ)に書かれています。

烏頭桂枝湯
寒疝の主剤也故に腰腹陰嚢にかけ苦痛する者に用ゆ
後世にては附子建中湯を用れども此方蜜煎にしたる方が即効あり
証に依て鹿茸を加え或は末とし加入するも佳あり


角化した角は、鹿角(ろっかく、ろくかく)と呼ばれ、こちらも薬として用いられます。

奈良の鹿の角が利用されているかどうかは知りません。

鹿茸(ろくじょう)は、医薬品扱いとなり、健康食品・サプリメントには使えませんので、
ご注意下さい。
代わりに、トナカイの角が、健康食品・サプリメントに使われています。

鹿の角を煮詰めてつくられる膠(にかわ;ゼラチン)は、
鹿角膠(ろっかくきょう)と呼ばれ、
精血不足、虚損労傷および虚寒の吐血、
鼻出血、不正性器出血、血尿さらに陰疽内陥などに用いられます。


この他、鹿の男性生殖器は、鹿鞭(ろくべん)などと呼ばれて
やはり滋養強壮剤に利用されています。

男性生殖器の利用については、
海狗腎(かいくじん)・海狗鞭(かいくべん)と類型同効論
も、ご参考下さい。

2009年5月14日木曜日

変形性膝関節痛(関節炎)に使用する健康食品・漢方薬

関節痛とは・・・
 関節そのもの、あるいはその付近をも含めた痛みを指します。
 様々な原因がきっかけとなって起きますが、最も多いのは、関節の炎症によるもがあげられます。また、その関節の炎症(関節炎)にも100種類以上のタイプがりますが、その中で最も一般的なのが変形性関節症です。(図‐1)
変形性関節症は、国際統計によれば
45歳以下で約2%、45~65歳で30%、65歳
以上になると63%~85%の層にあると
報告されています。膝や股関節、
腰の骨など、すべての関節におこり
うる症状で、その代表的なものが
変形(へんけい)性膝(せいしつ)関節症(かんせつしょう)です。

変形性膝関節症
 膝(ひざ)の痛む病気の中でもっとも多いのが変形(へんけい)性膝(せいしつ)関節症(かんせつしょう)で、半数以上と言われて
います。その名のとおり、膝の関節軟骨が擦り減ってしまい、関節が変形することに よって、痛みや運動の制限などをひきおこす膝の疾患です。若い頃のケガがもとに
なることもありますが、大半は老化によって引き起こされます。
発症時期 40歳代よりあと、多くは50~6
0歳代で発症する。自覚症状(初ある日なんとなく、たいていは膝の片方が痛みはじめる。
めて気付く(手指や手首、肘の関節などが同時に痛むことはない。)
時)初めはかすかな痛みか、違和感程度であることが多い。進み方次第に痛みが増していく。
進行は比較的遅く、何年もかかって悪くなっていく。主な症状【初期】・朝方、膝がこわばる。膝の後ろがひきつる。ギシギシする。
・膝を使う動作を始める時に痛い。
・階段の昇り降り、正座、あぐらの時などに痛み始める。
【中期】・痛みが強くなり、なかなかとれない。
・階段の昇り降りがかなりつらい。
・膝がはれ、熱っぽい。
・膝を伸ばしきれない、曲げきれない症状が出てくる。
【後期】・じっとしていても激しく痛む。
・数歩歩くのにも激痛を感じる。
・膝の変形が目立つ。
・膝がのばせない、曲げられない症状が強くなる。全身症状発熱、倦怠感などの全身症状は伴わない。
◆ 膝の痛みのメカニズム
膝の構造・・・右図のように膝の関節は、4つの骨で
構成されています。
骨と骨はじかに接しているのではなく、厚さ3~4mm
の弾力に富んだ関節軟骨で覆われています。
関節の動きをなめらかにすると同時に、関節に加わる
衝撃を吸収するクッションの役割を果たしています。
痛みの発生経路
①関節軟骨の表面は平滑で、関節液で潤され、通常は非常に滑りが良い。しかし、年をとるにつれ、関節軟骨がえ、次第に水分が減少し、弾力が乏しくなる。
②弾力を失った関節軟骨には、強い圧力がかかるようにり、圧力の大きい部分が
すりへって、でこぼこになる。→軟骨には 神経がないので痛みは感じない。
③軟骨が摩耗してできた物質が関節包(軟骨を包む滑膜)に生じる。その成分ある酵素が科学的刺激となり、滑膜に炎がおこる。→滑膜には、血管や痛みを感る神経が集中しており、痛みを感じる。骨そのものが変形して棘のような突起がき、痛みを感じたり、膝に水がたまったり、膝の曲げ伸ばしがしにくくなったりする。 ⇒日常生活に支障をきたす。(図‐2)
④更に軟骨が擦り減り、軟骨に覆われてた骨が露出し、骨と骨とが直接
接触するようになって、強い痛みを感じるようになる。(図‐3),(図‐4)



原因
1.老化(軟骨の減少、筋肉の衰え)
2.過体重(肥満)
3.姿勢(猫背、骨盤・脊椎のゆがみ)
4.合わない靴
5.膝の負担の多い仕事(正座をする、重い荷物を運ぶ、立ち仕事)
6.怪我(けが)
7.その他

治療方法
1.薬物治療
・内 服 薬 : 消炎鎮痛剤、非ステロイド系消炎鎮痛剤
   ・関節内注射 : ステロイド剤,ヒアルロン酸ナトリウム
2.物理療法
   ・温熱療法 ・寒冷療法 ・低周波療法 ・その他
3.手術(他の方法で良い効果の出ない時。)
   ・鏡視下手術
   ・骨切り術
   ・人工関節手術
4.運動療法
   ・ストレッチング
   ・筋力強化訓練(膝・太ももの筋肉、腹筋等)
     軟骨の変形が進んでも、全ての人に痛みが起こるわけではない。
     ストレッチや筋肉トレーニングにより、痛みにくくできる。
   ・その他
5.装具療法
   ・サポーター(膝の動きの補助と保温)
   ・つえ
   ・足底板(体重がバランス良く両足にかかる様にする、O脚の矯正)
6.体重の適正化

※しかし、1~3の治療法は一時的に症状を和らげるだけで、根本的に回復させるもの ではない。しかも、胃腸障害を起こしたり、化膿性関節炎を発生させ、軟骨や骨の
 破壊を早めるなどの副作用を生じる恐れがあり、また手術には大きなダメージがありリハビリの必要性がある。

*漢方療法
 漢方では、体質や症状に重点をおくので、変形性膝関節症も関節リウマチも同じ様
に扱います。
変形性膝関節炎のfirst(ファースト) choice(チョイス)の薬方に、防已(ぼうい)黄耆湯(おうぎとう)があります。
これは色白で太り気味(水太り)で下半身が重だるく、汗をかきやすい、おしっこ(尿)減少気味という場合の膝関節の腫れや痛みに良く効きます。
また、薏(よく)苡仁湯(いにんとう)も良く使われます。これは、体力は比較的あり、亜急性期から慢性期にけての強くはないがなかなか治らない膝関節の痛みに使用されます。
 この他、証に応じて、越婢(えつび)加朮(かじゅつ)(附(ぶ))湯(とう)、桂枝(けいし)加朮附湯(かじゅつぶとう)、桂芍知母湯(けいしゃくちもとう)、五積散(ごしゃくさん)、疎(そ)経(けい)活(かっ)血(けつ)湯(とう)、八味(はちみ)丸(がん)等が良く使用されます。
 また、肥満も変形性膝関節症に悪影響を及ぼすことから、肥満の人には、防風通(ぼうふうつう)聖散(しょうさん)や大柴(だいさい)胡湯(ことう)なども、体質改善の意味も含めて使用(併用)されます。水太りの人に防已黄湯を使うのは前述のとおりで、膝関節の痛みを取るのと、水太りを解消するのと一石二となります。
 長期にわたるものは、瘀血(おけつ)が関与することが多いので、駆瘀血(くおけつ)剤を併用することもあます。

* 生活上の注意
太らない。
正座、重い物を持つ、和式トイレ等、膝に負担になることを避ける。
膝が冷えない様にする。
痛くない程度の運動やストレッチを気長に毎日行う。
ナス科の野菜を食べないようにすると良い場合がある(詳細は不明)。
(ナス科の野菜……ナス、トマト、ピーマン、唐辛子、ジャガイモ、シシトウ等) もち米を食べないと良いとも言われる(詳細は不明)



◆ 軟骨の構成成分
○水分(65~80%)
○軟骨細胞
○コラーゲンなどの蛋白質
→体内で水分の次に多い物質
軟骨においては、プロテオグリカンを 安定してつなぎあわせる糊のような
役割をしている。
○プロテオグリカン・・・蛋白質をもつ多糖で、軟骨、爪、心臓弁などに分布
            細胞中のコラーゲンや水分量を保つ働きがある。
            グリコサミノグリカンが結合したコアタンパク質の集体
 *これらは年齢とともに減少していき、軟骨の水分や弾力性が失われていく。

2009年5月2日土曜日

インフルエンザの漢方治療

漢方というと慢性病にしか効果が無いように思われがちですが、もともと漢方以外の治療方法が無かった時代には、全てを漢方で治療していたわけですので、インフルエンザに相当する病気も当然ながら治療の対象となりえます。

漢方の最も重要な古典といわれる『傷寒論』(しょうかんろん)は、傷寒と呼ばれる急性熱性病の治療の為に著わされた書物であることからも、インフルエンザに漢方で対処することが可能なことがわかります。

熱があっても寒けがある場合は、体を温めて発汗させる治療方法を行ないます。
代表的な薬方は、葛根湯(かっこんとう)麻黄湯(まおうとう)桂枝湯(けいしとう)です。
葛根湯は、「太陽病、項背強几几、無汗悪風、葛根湯主之」(太陽病、項背強ばること几几、汗なく悪風する者、葛根湯これをつかさどる)と『傷寒論』に書かれていて、
つまり、太陽病(脈が浮いていて、頭痛がしたりうなじがこわばる、悪寒がある状態)で、首や背中がかたくこわばって(首・肩こり)、汗が出ていない状態で、寒けがある人には葛根湯が効くとされています。

葛根湯が効くのは、本当に初期の段階です。

村田恭介先生は、
葛根湯が効くのは初期の寒気があって項背部が凝る人に限られる。
これはヤバイ!本格的に風邪を引いたぞ!病院にいかなくちゃ~~!
という段階になって葛根湯を病院で処方されても、ほとんど効くわけがない。」
とおっしゃっています。
http://cyosyu.exblog.jp/i7

また、
「首の真裏を自分で揉んでみて「気持ちがよい」ということと、その「首の真裏を温めると気持ちがよい」という二つが揃わない限りは使用しても無意味だから、使用すべきでない。」
ともおっしゃっています。
http://ryukan.seesaa.net/article/112807937.html


更に、
「寒い思いをして、少しゾクゾク、喉が痛くならない風邪であることが、絶対的な条件」
ともおっしゃっています。

「喉が痛くならない風邪」については意見が分かれることと思いますが、
村田先生は、喉が痛い場合には、
温病論に基づく「銀翹散」系列の方剤が主役であるとされています。

喉(のど)が痛い場合、日本の漢方では、
葛根湯(かっこんとう)に桔梗(ききょう)と石膏(せっこう)を加えたり、
半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を合方したりします。

また、藤平健先生の系列の先生は、のどチクの風邪に、
麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう)
桂枝麻黄各半湯(けいしまおうかくはんとう)略称:桂麻各半湯(けいまかくはんとう)
桂枝二麻黄一湯(けいしにまおういちとう)
桂枝二越婢一湯(けいしにえっぴいちとう)
を用いられます。


麻黄湯(まおうとう)桂枝湯(けいしとう)も同様に、
基本的には、インフルエンザの初期にしか効果を発揮しません。

麻黄湯は、『傷寒論』に
「太陽病、頭痛、発熱、身疼、腰痛、骨節疼痛、悪風、無汗而喘者、麻黄湯主之。」と書かれていて、
葛根湯に似ていますが、腰痛や関節痛がある場合に用いられます。
ここでは書かれていませんが、脈も、葛根湯よりも緊張した脈であるとされています。
インフルエンザは、関節痛などが出ることが多いので、葛根湯(かっこんとう)よりも麻黄湯(まおうとう)の方が、適応する可能性は高いと思われます。

一般の漢方書では、首や肩のこりがあれば葛根湯(かっこんとう)で、
腰痛や関節痛があれば麻黄湯(まおうとう)と言われますが、
麻黄湯(まおうとう)も太陽病(たいようびょう)期に用いられる薬方で、
太陽病の症状として、頭項強痛(づこうきょうつう、頭痛やうなじのこわばり)があげられていますので、
理論的には、麻黄湯も肩こりにも効果を発揮します。

村上光太郎先生は、
葛根湯は、上焦のみに症状がある場合で、麻黄湯は全身に症状がある場合。
麻黄湯の方が薬味は少ないが、適応は広い」とおっしゃっています。

葛根湯麻黄湯のどちらも、麻黄(まおう)と桂枝(けいし)による発汗作用がありますので、
汗をかいていない状態(無汗)の人に使用します。
また、麻黄(まおう)は、胃腸障害を起こしやすいので、胃腸の弱い方には原則として使用しません。


もし、汗が出ている場合は、桂枝湯(けいしとう)を用います。
更に、汗をかいていて、なおかつ肩こりが強い場合は、
桂枝湯(けいしとう)に葛根(かっこん)を加えた
桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)を用います。

葛根湯(かっこんとう)桂枝加葛根湯(けいしかかっこんとう)は、
麻黄(まおう)が入っているか否かだけの違いだけですが、
虚実が異なってきますので、注意が必要です。

桂枝湯(けいしとう)は「衆方の祖(しゅうほうのそ)」、「衆方の嚆矢(こうし)」、「経方の権輿(けいほうのけんよ)」などと呼ばれ、非常に有名な漢方薬方ではありますが、
良く知られている割に、桂枝湯単独で使われることは少ないようです。

麻黄湯(まおうとう)桂枝湯(けいしとう)を合わせると、桂枝麻黄各半湯(けいしまおうかくはんとう)
略して桂麻各半湯(けいまかくはんとう)となります。
伊藤清夫先生などは、葛根湯より、桂麻各半湯の方を良く使うとおっしゃっています。


葛根湯(かっこんとう)麻黄湯(まおうとう)桂枝湯(けいしとう)は、
いずれも寒けのある時に使われる漢方薬で、暖めて発汗させて病気を治すものです。

ですので、薬を飲むだけではだめで、布団(ふとん)に入ったり、熱いうどんやお粥を食べたりして、
体を暖めて、軽く発汗する必要があります。
「軽く発汗」というのが大切で、じんわりと汗ばむ程度が良く、汗がだらだらと出るのは発汗させすぎで、体力を消耗してしまい、逆に治らなくなってしまいます。

また、体を温めないと、いくら薬が適応していても(証に合っていても)、効果を発揮できません。


上記の薬方で治れば良いのですが、治らない時は、香蘇散(こうそさん)参蘇飲(じんそいん)桂枝麻黄各半湯(けいしまおうかくはんとう(桂麻各半湯(けいまかくはんとう))、桂枝二麻黄一湯(けいし にまおういちとう)、桂枝二越婢一湯(けいしにえっぴいちとう)、大青竜湯(だいせいりゅうとう)小青竜湯(しょうせいりゅうとう)柴胡桂枝湯(さい こけいしとう)小柴胡湯(しょうさいことう)麻黄附子細辛湯(まおうぶしさいしんとう(麻黄細辛附子湯(まおうさいしんぶしとう))藿香正気散 (かっこうしょうきさん)、竹葉石膏湯(ちくようせっこうとう)、半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)麦門冬湯(ばくもんどうとう)など、色々と使われます。


一貫堂の森道伯先生は、スペイン風邪に対して、
胃腸型には香蘇散加茯苓白朮半夏(こうそさんかぶくりょうびゃくじゅつはんげ)を、
肺炎型には小青竜湯加杏仁石膏(しょうせいりゅうとうかきょうにんせっこう)を、
また高熱のため脳症を発するものには升麻葛根湯加白朮川芎細辛(しょうまかっこんとうかびゃくじゅつせんきゅうさいしん)を用いたそうです。

小青竜湯加杏仁石膏は、小青竜湯麻杏甘石湯(しょうせいりゅうとうごうまきょうかんせきとう)と同じです。

浅田流では、
柴葛解肌湯(さいかつげきとう)が使われます。
浅田流の細野史郎先生は、葛根湯(かっこんとう)小柴胡湯(しょうさいことう)とを合方して、
柴葛湯(さいかつとう)と名付けられ、柴葛解肌湯の代わりに用いられます。

後世派(ごせいは)では、参蘇飲(じんそいん)などが使われます。
和剤局方(わざいきょくほう)の傷寒門(しょうかんもん)に出ている漢方薬方です。

また、中医学(ちゅういがく:中国でのいわゆる漢方)では、銀翹散(ぎんぎょうさん)の薬方(涼解楽や天津感冒片(てんしんかんぼうへん)等)が使われます。
喉(のど)が痛む時は、トローチのように、ゆっくり口で溶かしながら咽(のど)を潤すように飲むのが良いそうです。

銀翹散(ぎんぎょうさん)は、中国の医書である『温病条弁』(うんびょうじょうべん)という本に記載されている漢方薬方です。
日本でも製造されています。
クラシエ(昔の鐘紡(カネボウ))からも出ていて、内容は、キンギンカ(金銀花)、タンチクヨウ(淡竹葉)、レンギョウ(連翹)、ケイガイ(荊芥)、ハッカ(薄荷)、タンズシ(淡豆豉)、キキョウ(桔梗)、ゴボウシ(牛蒡子)、カンゾウ(甘草)、レイヨウカク(羚羊角)となっています。
効能は、「かぜによるのどの痛み・口(のど)の渇き・せき・頭痛」です。

その他色々な会社から販売されているようですが、
メーカーによって、効果の違いもあるそうです。
イスクラ産業の錠剤 天津感冒片(てんしんかんぼうへん) や、
顆粒剤なら 涼解楽(りょうかいらく) などは
無難で効果が安定していると、
村田恭介先生はおっしゃっています。


『温病条弁』(うんびょうじょうべん)は、中国の清(しん)の時代に、呉鞠通(ごきくつう)により著わされた書物です。三焦弁証の概念を取り入れており、温病学(うんびょうがく)の重要書籍とされています。

旧来の日本の漢方では、「温病」(うんびょう)は余り重視されていませんが、現代の中国医学(中医)では、『温病条弁』(うんびょうじょうべん)は、傷寒論(しょうかんろん)と同等以上に重要な書物であると考えられています。

日本では余り重視されていないと書きましたが、古方家(こほうか)で有名な奥田謙蔵(おくだけんぞう)先生は、晩年、「これからは温病(うんびょう)を研究しなくてはならない」旨をおっしゃっていたそうです。


また、板藍根(ばんらんこん)を併用するのも良いそうです。
板藍根(ばんらんこん)とは、タイセイやホソバタイセイというアブラナ科の植物の根を乾燥させた生薬です。
板藍根は「清熱解毒(せいねつげどく)」や「涼血利咽(りょうけつりいん)」の薬能をもつ生薬とされています。
「清熱解毒」とは、細菌やウイルスによる感染や炎症に伴う発熱、腫脹(しゅちょう;はれ)、疼痛(とうつう;いたみ)などを抑える働きをいいます。
「涼血利咽」とは、のぼせや発赤(ほっせき)、紅班(こうはん)、衂血(じくけつ;鼻血)、充血などの症状やのどの症状を抑える働きを意味します。

中国では、風邪(インフルエンザを含む)の予防や、発熱やのどの痛みなどの症状に、 煎じ液をお茶代わりに飲むなどの方法で、広く利用されています。
また、煎じ液でうがいをすることも風邪(インフルエンザ)等の感染症予防に役立ちます。
このほか、扁桃腺炎(へんとうせんえん)や口内炎、ニキビなどにも効果があるそうです。

ninjaanalyze