健康情報: 9月 2011

2011年9月27日火曜日

防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) の 効能・効果 と 副作用 ダイエット効果

漢方診療の實際』 大塚敬節 矢数道明 清水藤太郎共著 南山堂刊
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)
 当帰 芍薬 川芎 梔子 連翹 薄荷 生姜 荊芥 防風 麻黄各一・二 大黄 芒硝各一・五 桔梗 黄芩 石膏 甘草各二・ 滑石三・ 
  本方は、肥満症で実證の中風体質者に最も屡々用いられ、高血圧・動脈硬化症を招来する原因としての腸性自家中毒物(食毒)・腎性自家中毒物(水毒)及び先 天的後天的梅毒、或は淋毒等種々の毒物を大小便及び汗より排泄し或はこれを解毒させる。脈は力があって充実し、腹は臍を中心として膨満し、所謂重役型の太 鼓腹を呈するものに用いてよい。特に心下部の緊張しているものは大柴胡湯加石膏の行くところである。如何に血圧が高くとも、痩せ型で顔色の蒼白なもの、腹筋拘攣し、また甚しく弛緩しているものには用いてはならない。また本方を服用して著しく食欲が衰え、また不快な下痢を起すものもまた禁忌である。
 本方の大黄・芒硝・甘草は調胃承気湯で、胃腸内の食毒を駆逐する。防風・麻黄は皮膚を開達して病邪を発散し、桔梗・山梔子・連翹は解毒消炎の能がある。荊芥・薄荷葉は、頭部の熱を清解し、白朮は滑石と共に水毒を腎膀胱より排泄する。
 黄芩・石膏は消炎鎮静的に作用し、当帰・芍薬・川芎は血行を調整する。
 本方は以上のような目標に従って、高血圧・脳溢血・動脈硬化症・肥満症・脂肪心・慢性腎臓炎・糖尿病・丹毒・頭瘡・眼病・蓄膿症・酒皶鼻・皮膚病・喘息・胃酸過多症・脚気・梅毒・淋疾・痔疾等に広く応用される。



『漢方精撰百八方』
89.〔防風通聖散〕(ぼうふうつうしょうさん)
〔出典〕宣明論

〔処方〕当帰、芍薬、川芎、梔子、連翹、薄荷、乾生姜、荊芥、防風、麻黄 各1.2 大黄、芒硝 各2.0 白朮、桔梗、黄芩,甘草 各2.0 石膏3.0 滑石5.0

〔目標〕この方は宣明論の中風門に「中風、一切の風熱、大便閉結し、小便赤渋、顔面に瘡を生じ、眼目赤痛し、或いは熱は風を生じ、舌強ばがり、口噤し、或いは鼻に紫赤の風刺��(やまいだれに軫)を生じ、(酒査鼻のこと) 而して肺風(喘息様)となり、或いは癘風(れいふう、癩病様)となり、或いは腸風(痔疾患)あって痔漏となり、或いは陽鬱して諸熱となり、譫妄狂する等の症を治す」とある。
 本方は肥満卒中体質者に用いられることが多く、体内に食毒、水毒、梅毒、風毒など、一切の自家中毒物が鬱滞しているものを、皮膚、泌尿器、消化器を通じて排泄し解毒する作用がある。
 本方は臍を中心として病毒が充満し、俗にいう太鼓腹で、重役型の体質者に多く、便秘がちで、脈腹共に充実して力あるものに用いる。中にはそれほど腹満者でなくとも、本方の適応するものがある。
 本方を服用して、食欲が衰えたり、不快な便通で腹痛がひどいようなときは、他の処方を考えるべきである。

〔かんどころ〕臍を中心に腹部充実し、三焦皆実するというもの。

〔応用〕肥満体質者、常習性便秘、高血圧、中風予防、脳溢血、慢性腎炎、頭瘡、丹毒、禿髪症、発狂、酒査鼻、痔疾、梅毒、皮膚病、蓄膿症、喘息、糖尿病、癰疽等

〔治験〕頑固な頭痛
 76才の老婆。この人は50年来頑固な頭痛に悩まされてきた。あらゆる頭痛止めの売薬を飲んだが治らない。約8年前から血圧が高くなり、時々200位に達する。1ヶ月前から左の顔面神経が麻痺状となり、言語障害も起こり、便秘して7日に1回位しかない。  この患者はそれほどひどい肥満者ではなかったが、腹証に本方の証が潜在していると診られたので、二陳湯を加えて与えた。
 服薬後快く便通があり、3日目になると、50年来のあの頑固な頭痛がきれいにとれ、忘れ物をしたようで、頭痛止めの売薬の必要が全くなくなった。頭痛ばかりでなく血圧も2ヶ月後には140-70となり、すべての状態がよくなった。否定型的本方証である。
                                  矢数道明

漢方薬の実際知識』 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊
12 解毒剤
 
 解毒剤は、自家中毒がうつ満して起こる各種の疾患に用いられる。また、やせ薬としても繁用される。
 各薬方の説明
 
 1 防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)  (宣明論)
  〔当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、川芎(せんきゅう)、梔子(しし)、連翹(れんぎょう)、薄荷(はっか)、生姜(しょうきょう)、荊 芥(けいがい)、防風(ぼうふう)、麻黄(まおう)各一・二、大黄(だいおう)、芒硝(ぼうしょう)各一・五、桔梗(ききょう)、黄芩(おうごん)、石膏 (せっこう)、甘草(かんぞう)各二、滑石(かっせき)三〕
 本方は、三焦・表裏・内外すべてに病邪が充満しているものを、 表を発汗し、裏を下し、半表半裏を和して排除するものである。したがって、脂肪 ぶとりの体質で、充血、眼底出血、発疹、発斑、化膿、腹部の膨満、便秘などを目標とする。実証の中風体質者を目標にすることも多い。本方をやせ薬として使 用する場合は、一日に二回ぐらいの便通がある程度に増量することが必要である。一日一回の便通がある程度では、身体の調子がよくなり、かえってふとること がある。
 〔応用〕
 つぎに示すような疾患に、防風通聖散證を呈するものが多い。
 一 高血圧症、中風、脳溢血、動脈硬化症その他の循環器系疾患。
 一 慢性腎炎、尿毒症その他の泌尿器系疾患。
 一 円形脱毛症その他の皮膚疾患。
 一 蓄膿症、中耳炎その他の耳鼻科症疾患。
 一 そのほか、気管支喘息、胃酸過多症、眼病、脚気、肥胖症、丹毒、よう、化膿性腫物、糖尿病など。



《資料》よりよい漢方治療のために 増補改訂版 重要漢方処方解説口訣集』 中日漢方研究会
70.防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 宣明論
当帰1.2 芍薬1.2 川芎1.2 梔子1.2 連翹1.2 薄荷1.2 生姜1.2 荊芥1.2 防風1.2 麻黄1.2 大黄1.5 芒硝1.5 桔梗2.0 黄芩2.0 石膏2.0 甘草2.0 滑石3.0 白朮2.0


現代漢方治療の指針〉 薬学の友社
 脂肪ぶとりの体質で便秘し尿量減少するもの。本方は所謂重役タイプの見られる肥満症の体質改善薬で,下腹部における脂肪過多を伴なった適応症欄記載の各症状に応用されるが,色白で水ぶとりの体質には不適で,この場合は防已黄耆湯が適する。またみぞおち周辺部が硬く張り便秘がひどい肥満体には本方より大柴胡湯がよく、大柴胡湯でも効果が少ないとか婦人で月経閉止を伴なう時は更に桃核承気湯を併用するとよい。本方はやせて顔色が蒼白な人には投与してはならない。本方を服用後食欲が減退したり,あるいは腹痛や不快感を伴なう下痢を起した場合は柴胡桂枝湯あるいは平胃散五苓散合方で治療し,他の適当な処方例えば大柴胡湯などに転方すべきである。


漢方処方解説シリーズ〉 今西伊一郎先生
 本方は皮下の脂肪沈着が著しい肥満症で,とくに脂肪沈着が下腹部に集中し,エブスタインの脂肪沈着分類による滑稽期,同情期に該当するもので大鼓腹,二重あごなどのいわゆる重役タイプの肥満症を目安に,適応症欄記載の疾患に広範に利用されている。

 肥満症 本方は皮下に沈着した過剰の脂肪を徐々に取除き,体内の老廃物を排出させる作用があるので,漢方のヤセ薬として貴重な存在となっている。筆者もこの種の肥満症に投薬し,服薬6ヵ月~8ヵ月ほどでスタイルがよくなったうえに,体調もすごく好調になったと喜ばれた例を,何例かもっている。

 神経痛 本方は更年期や初老期に多い腕神経痛,肩関節周囲炎に応用されるが,その応用の目安は血色のよい肥満体質である。

 応用時の鑑別 大柴胡湯は本方とよく似ているが,外見上筋骨質,筋肉質でしかも,身長,体重,胸囲のバランスが割合いによくとれており,胃部が硬くつかえて左右季肋部から,側胸部にかけて圧迫感がある点で,本方との区別ができる。
 防已黄耆湯 次項のとおり本方と比較して,肥満している点で類似するが,肥満の素因が異なり,防已黄耆湯は軟らかい水太りの体質で筋肉もブヨブヨしており,その愁訴も血圧や心臓症状 あるいは,ヒフ疾患などがなく,神経痛,関節痛,過多発汗などに限定されるので本方との鑑別ができる。


漢方処方応用の実際〉 山田 光胤先生
○実証で体力が充実し,腹部が膨満して力のある,いわゆる太鼓腹で重役型の体質の人に多く,便秘がちのものに用いる。脈に力があり,腹部は臍を中心に充実しているが,中にはあまり腹満していないものもある。
○肥満卒中体質者に用い現れることが多く,食毒,水毒その他の一切の自家中毒物が停滞して,種々な病変を呈するものを,発汗,利尿,便通などによって諸毒を排泄し解毒する作用がある。


漢方治療の実際〉 大塚 敬節先生
○本方には下剤が入っていて瀉下の作用があり,いわゆるのぼせをひきさげる効がある。この方を用いる口訣,“頭痛がつよくて,耳鳴があり,首すじがこり,めまいがして,手足が冷え,大便が秘結し頭部にフルンケルなどが次々とできるものに用いる。これを用いると一時蕁麻疹様のものができることがあるが,これは一時の現象にすぎないから,ひきつづきのんでよい。このような患者に手足が冷えて頭痛がするからとて,半夏白朮天麻湯などを用いると,却って肩こりも,頭痛も,耳鳴もひどくなる。」とある。
○有持桂里「この方は鼻痔(鼻茸),鼻淵,酒査鼻等に皆効がある。儒門事親では,鼻の塞子症に此方を用いて汗を取る法をのべている。是もたしかに高按であるけれども自分はこの方を広く用い,鼻齆,鼻淵,酒査鼻の三症にみな通じる方で冗雑ではあるがよく効くし,この方はすべて毒が上部にあるものに用いて思いの外よくきくものである。


漢方診療の実際〉 大塚,矢数,清水 三先生
  本方は肥満症で実証の中風体質者に最も屢々用いられ,高血圧,動脈硬化症を招来する原因としての腸性自家中毒物(食毒),腎性自家中毒物(水毒)及び先天的,後天的梅毒,或は淋毒等種々の毒物を大小便及び汗より排泄し或はこれを解毒させる。脈に力があって充実し,腹は臍を中心として膨満し,所謂重役型の太鼓腹を呈するものに用いてよい。特に心下部の緊張しているものは大柴胡湯加石膏の行くところである。如何に血圧が高くても痩せ型で顔色の蒼白なもの,腹筋拘攣し,また甚しく弛緩しているものには用いてはならない。また本方を服用して著しく食欲が衰え,また不快な下痢を起すものもまた禁忌である。
 本方の大黄,芒硝,甘草は調胃承気湯で,胃腸内の食毒を駆逐する。防風,麻黄は皮膚を開達して病邪を発散し,桔梗,山梔子,連翹は解毒,消炎の能がある。荊芥,薄荷葉は頭部の熱を清解し,白朮は滑石と共に水毒を腎膀胱より排泄する。黄芩,石膏は消炎鎮静的に作用し,当帰,芍薬,川芎は血行を調整する。
 本方は以上のような目標に従って,高血圧,脳溢血,動脈硬化症,肥満症,脂肪心,慢性腎臓炎,糖尿病,丹毒,頭瘡,眼病,蓄膿症,酒皶鼻,皮膚病,喘息,胃酸過多症,脚気,梅毒,淋疾,痔疾等に広く応用される。


漢方処方解説〉 矢数 道明先生 
 本方は肥満性卒中体質者に用いられることが多く,体内に食毒,水毒,梅毒,風毒など一切の自家中毒が鬱滞しているものを,皮膚,泌尿器,消化器を通じて排泄し,解毒する作用がある。本方は臍を中心として病毒が充満し,俗にいう太鼓腹,重役腹といわれる腹証を呈し,便秘がちで,脈腹ともに充実して力があるものである。ただしそれほど肥満者てなくても,本方の適応するものがある。慢性の皮膚病などによく見られ,本方を服用しているうちにその正証が現われてくることがある。


宣明論〉 劉 完 素 先生
 中風,一切の風熱,大便閉結し,小便赤渋,顔面に瘡を生じ,眼目赤痛し,或は熱は風を生じ,舌強ばり,口噤し,或は鼻に紫赤の風棘癮𤺋を生じ(酒査鼻の発疹),しかして肺風(気管支喘息疾患)となり,或は厲風(癩病及類似症)となり,あるいは腸風(痔疾患)あって痔漏となり,或は陽鬱して諸熱となり,譫妄驚狂する等の症を治す。

※齆:鼻詰まり、鼻詰まりで言葉がはっきりしない
𤺋:やまいだれ+軫




(効能・効果)
【ツムラ・他】
腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症。

  • 高血圧の随伴症状(どうき、肩こり、のぼせ)、肥満症、むくみ、便秘。

【コタロー】
脂肪ぶとりの体質で便秘し、尿量減少するもの。

  • 常習便秘、胃酸過多症、腎臓病、心臓衰弱、動脈硬化、高血圧、脳いっ血これらに伴う肩こり。

【三和】
脂肪ぶとりの体質で便秘したりあるいは胸やけ、肩こり、尿量減少などが伴うものの次の諸症。

  • 肥満症、高血圧症、常習便秘、痔疾、慢性腎炎、湿疹。

【一般用漢方製剤承認基準】
体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:

  • 高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症

【重い副作用】
  • 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、腹痛、軟便、下痢
  • 動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感
  • 発疹、発赤、かゆみ



2011年9月20日火曜日

小青竜湯(しょうせいりゅうとう) の 効能・効果 と 副作用

漢方診療の實際 大塚敬節 矢数道明 清水藤太郎共著 南山堂刊
小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
 本方は表に邪があり心下 に水毒のあるものに用いる。従って感冒によって持病的に起る喘息性の咳嗽に用いてよく奏効する。その目標は喘鳴・息切れを伴う咳嗽で、泡沫水様の痰を喀出 する。熱はあっても無くてもよい。心下部はしばしば抵抗を増す。腹部は比較的軟らかい。尿量は減少する者が多い。
 本方はまた急性の浮腫に用いら れる。心下部痞塞感・喘咳を伴う場合は殊に適当である。従って本方の応用は喘息性気管支炎・気管支喘息・百日咳・肺炎・湿性胸膜炎・ネフローゼ・急性腎 炎・関節炎・結膜炎等である。即ち水分の停滞を来すような一種の素地があって、それが感冒などによって誘発されて或は喘咳となり、或は浮腫となり、或は胸 膜炎・肺炎・関節炎等となる者を治するのである。
 薬能についていえば、桂枝・麻黄・細辛・乾姜は血行を盛んにし、欝血を去るから、喘咳・浮腫を治する。芍薬は水毒の停滞を動かし、半夏はそれを小便に利する。五味子は咳嗽を治する。
 本方の症で病状が激しく、煩躁を現わす場合には石膏を加えて用いる。


『漢方精撰百八方』
40.〔方名〕小青竜湯(しょうせいりゅうとう)
〔出典〕傷寒論、金匱要略

〔処方〕麻黄、芍薬、乾姜、甘草、桂枝、細辛各2.5 五味子3.0 半夏5.0

〔目標〕証には、咳、喘、上衝し、頭痛、発熱、悪風し、或いは乾嘔する者を治すとある。
 水毒があり、眩暈、尿利減少、胃内停水浮腫等の水毒症状を有する者が、外邪により即発されて、咳、喘を発し、上衝、頭痛、悪風、嘔気等の症状を表すものを目標とする。
脈は浮数、細数で緊ではない。時には下痢し、裏急後重を伴う者もある。 〔かんどころ〕水毒症状をもっていたものが咳、喘を発した場合に適用される。咳が主で、喘は従であり、痰も鼻汁も水溶性で量が多いのが特徴である。ぜいぜいいう喘鳴がある、うすい痰が多い、水洟がよく出るといった症状がある。水毒症状は、胃内停水(胃部振水音)、軽度浮腫、尿利減少、眩暈等にあらわれている。

〔応用〕
(1)感冒、気管支炎等で、熱候があり、咳、喘があり、尿不利、乾嘔、眩暈等があり、脈が数なるもの。 (2)気管支喘息。湿性の喘息に効あり。即ち喘鳴があり、ぜいぜい言い、痰は比較的うすく量が多い。心下部振水音等の水毒症状を見出だす。咳喘強く、逆上が甚だしく、脈に力のあるものは石膏5.0~7.0を加味すると効果がある。
(3)百日咳、肺炎、これも喘鳴があるものに効がある。咳逆するものには石膏を加える。
(4)ネフローゼ、腎炎。
(5)アレルギー性鼻炎。鼻がつまり、水洟が出やすい、それにほかの水毒症状が伴っているアレルギー性と称せられる鼻炎によい。
(6)浮腫性の関節炎  本方は苓甘姜味辛夏仁湯去加方である。麻黄があり、小青竜湯という名があるため、強い薬方のような感があるが、大青竜湯と違いその作用は強くない。水毒症状があって、咳、喘があるものに広く用いられる。気管支喘息の場合は熱候がなくてもよい。同じく喘息によく用いられる麻杏甘石湯との違いは、本方は水毒症状が著明で、渇も少なく、発汗傾向もない。麻杏甘石は、発汗があり、渇があり、喘鳴も本方のように湿性でなく、分泌量が少ないように思う。
伊藤清夫


漢方薬の実際知識』 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊
5 麻黄剤(まおうざい)
 麻黄を主剤としたもので、水の変調をただすものである。したがって、麻黄剤は、瘀水(おすい)による症状(前出、気血水の項参照)を呈する人に使われる。なお麻黄剤は、食欲不振などの胃腸障害を訴えるものには用いないほうがよい。
  麻黄剤の中で、麻黄湯葛根湯は、水の変調が表に限定される。これらに白朮(びゃくじゅつ)を加えたものは、表の瘀水がやや慢性化して、表よ り裏位におよぼうとする状態である。麻杏甘石湯(まきょうかんせきとう)・麻杏薏甘湯(まきょうよくかんとう)は、瘀水がさらに裏位におよび、筋肉に作用 する。大青竜湯(だいせいりゅうとう)・小青竜湯(しょうせいりゅうとう)・越婢湯(えっぴとう)は、瘀水が裏位の関節にまでおよんでいる。
6 小青竜湯(しょうせいりゅうとう)  (傷寒論、金匱要略)
 〔麻黄(まおう)、芍薬(しゃくやく)、乾姜(かんきょう)、甘草(かんぞう)、桂枝(けいし)、細辛(さいしん)、五味子(ごみし)各三、半夏(はんげ)六〕
  表に邪、心下や胸中に水毒があり、この瘀水が上方または表に動揺することによって起こる種々の疾患に用いられ、発汗によって表邪を解するもの である。呼吸促拍、呼吸困難、咳嗽、喘鳴、鼻水、喀痰(痰はうすく、量が多い)、乾嘔、浮腫(上半身が多い)、尿利減少などを目標とする。苓甘姜味辛夏仁湯(りょうかんきょうみしんげにんとう)(後出、駆水剤の項参照)は、本方の裏の薬方に相当する。
 〔応用〕
 つぎに示すような疾患に、小青竜湯證を呈するものが多い。
 一 感冒、気管支炎、気管支喘息、百日咳、肺炎、肺気腫その他の呼吸器系疾患。
 一 ネフローゼその他の泌尿器系疾患。
 一 結膜炎、涙嚢炎その他の眼科疾患。
 一 鼻炎、蓄膿症その他の鼻疾患。
 一 そのほか、肋間神経痛、胃酸過多症、関節炎、湿疹など。



《資料》よりよい漢方治療のために 増補改訂版 重要漢方処方解説口訣集』 中日漢方研究会
39.小青竜湯(しょうせいりゅうとう) 傷寒論

麻黄3.0 芍薬3.0 乾姜3.0 甘草3.0 桂枝3.0 細辛3.0 五味子3.0 半夏6.0

(傷寒論)
○傷寒表不解,心下有水気,乾嘔発熱而欬或渇,或利,或噎,或小便不利,少腹満,或喘者本方主之(太陽中)
○傷寒心下有水気,欬而微喘,発熱不渇「服湯巳渇者,此寒去欲解也」本方主之(太陽中)

(金匱要略)
○病溢飲者,当発其汗,本方主之(痰飲)
○夫心下有留飲,其人背寒冷,如手大(宜本方)(痰飲)
○欬逆倚息,不得臥,本方主之(痰飲)
○婦人吐涎沫,医反下之,心下即痞,当先治其吐涎沫,本方主之(婦人雑病)


現代漢方治療の指針〉 薬学の友社

 急性発熱症状後尿量減少し,胸内苦悶,胃部に水分停滞感があり,喘鳴を伴なう泡のような稀薄な喀痰の多い咳嗽があるもの。あるいは鼻汁の多い鼻炎や流涙の多い眼病の如く分泌液過多のもの。慢性期には熱の有無には関係なく応用できる。本方は急性発熱症状後の亜急性症状に応用される場合が多く,通常自然発汗(盗汗)がある場合には用いてはならないが,強い咳の発作時に発汗するような場合,短期間用いてようことがある。本方適応症は通常口渇の訴えは少なく従って口渇の著しい咳嗽,気管支喘息には本方より麻杏甘石湯を,また下からこみ上げてくるような劇しい咳で喀痰は少量でねばく喀出困難な場合は、麦門冬湯がよい。腎炎,ネフローゼ,関節炎,眼科疾患に応用する場合,越婢加朮湯五苓散も用いるが,その鑑別は越婢加朮湯の項を参照すること。本方を服用後,食欲不振,頭痛,不眠など訴える場合は小柴胡湯あるいは柴胡桂枝湯で治療すればよい。また浮腫を生じた場合は五苓散に転方すること。なお本方は衰弱の甚だしい患者には投与してはならない。虚弱体質に長期にわたって服用させる必要のある場合には小柴胡湯と合方することが望ましい。


漢方処方応用の実際〉 山田 光胤先生
○平素から心下に停水のある人が,感冒やそのほかの熱病にかかって,その刺激で咳嗽,喘鳴,乾嘔を発するものである。このときあるいは口渇があり,あるいは尿利が減少し,ときには下痢を伴うことがある。またこのときは熱のあることもないこともある。
○呼吸促進(息切れ)や呼吸困難に苦しみ,甚だしいときは横になってねられず,坐ったまま物によりかかってあえぎ苦しむ。このさい,あるいは咳が出たり,水のような薄い痰が多量に出たり,涎沫を吐いたりする。
○急性の浮腫を上半身に生じて,食欲不振,悪心,嘔吐などの胃腸障害のないもの。
○小青竜湯の腹証は一定のものがなく,心下部に振水音のあるものもないものもある。また心下部が少し膨満して,しかも軟らかいものがある。これは小児に多い。
○浮腫と咳嗽の強いものには,小青竜湯に石膏を加えて用いるとよい。越婢湯よりも効果があるという。(餐英館療治雑話)


漢方診療の実際〉 大塚,矢数,清水 三先生
 本方は表に邪があり,心下 に水毒のあるものに用いる。従って感冒によって持病的に起る喘息性の咳嗽に用いてよく奏効する。その目標は喘鳴,息切れを伴う咳嗽で,泡沫水様の痰を喀出する。熱はあっても無くてもよい。心下部は屢々抵抗を増す。腹部は比較的軟い。尿量は減少する者が多い。本方はまた急性の浮腫に用いら れる。心下部痞塞感,喘咳を伴う場合は殊に適当である。従って本方の応用は喘息性気管支炎,気管支喘息,百日咳,肺炎,湿性胸膜炎,ネフローゼ,急性腎炎,関節炎,結膜炎等である。即ち水分の停滞を来すような一種の素地があって,それが感冒などによって誘発されて或は喘咳となり,或は浮腫となり,或は胸膜炎,肺炎,関節炎等となる者を治するのである。薬能についていえば,桂枝,麻黄,細辛,乾姜は血行を盛んにし,鬱血を去るから,喘咳,浮腫を治する。芍薬は水毒の停滞を動かし,半夏はそれを小便に利する。五味子は咳嗽を治する。本方の症で病状が激しく,煩躁を現わす場合には石膏を加えて用いる。


漢方入門講座〉 竜野 一雄先生
 構成 桂枝湯を基本としたもので,桂草類志衣黄があるから表証があり,乾姜や細辛の温薬があるから上又は中部に寒があり,五味子,半夏があるから水と気の上衝がある。麻黄,細辛,乾姜,半遊は心下或は胸中に停水がある。従って,小青竜湯の証というものは裏水(心下又は胸中)があってそれが上衝して表に及ぶが,若くは表熱によって水気上衝を起すかである。
 白用 1. 発熱症状があって喘咳を伴うもの。
 太陽病中篇に「傷寒,表解せず,心下に水気有り,乾嘔発熱し,而して欬し,或は渇し,或は利し,或は噎し,或は小便不利少腹満し,或は喘するもの。」というのを分析すると,表解せず,だから発熱悪寒,或は悪風頭痛脉浮数などがある。この表熱によって裏気の上衝を起し,素質的に在る心下の水気を上衝させ,或は表に浮泛させる。乾嘔は気の上衝により,欬喘は水と気の上衝により,渇は心下に水が停滞して口咽への分布が不順であるのと熱によって乾くのとを兼ねており,利は心下の水が下って下利になったと解釈され,小便不利,少腹満は水が心下に偏在して小便になって出て行きにくいのと,且つ小便は気が下るにつれて出るものだから,その気が下らずに反って上衝している今の場合にはなお更小便は減って来る。小便が不利するから下腹部が膨満感を起すようになる。この条文は小青竜湯使用の第一眼目でもあり,実際にこの条文に従って応用して行くことが一番多い。なおこの条文の要点を挙げたのが「傷寒,心下に心水有り,欬して微喘,発熱し,渇せず。湯を服し巳りて渇する者はこれ寒去りて解せんと欲するなり。」(太陽病中篇)で,小青竜湯証には裏に寒があるが細辛乾姜のような温薬で温めてその寒を除くと寒は去り熱を帯びて来て熱のために渇を生ずるようになる。寒去り解せんと欲すとはそれを云ったものだ。以上の適応症状の内で表熱症状と,喘咳に使うことが最も多い。咳はしめった咳で,ぜいぜい,ぜこぜこ,ひゅうひゅうの如き喘鳴を伴うのが普通で,決して空咳のことはない。また事実気管支喘息のような呼吸困難,喘鳴,咳嗽のあるときにも使う。痰は唾のように薄くて量が多い傾向がある。非常に濃い痰や或は膿性の痰には本方は向かない。発熱症状と喘咳のあるものとして急性気管支炎,急性肺炎,感冒兼気管支喘息,百日咳,湿性肋膜炎,肺結核(滅多に使わないが)などに応用する。(中略)

 運用 2. 熱や発熱症状がなくても水気上衝に使う。喘咳その他が表熱によるものではなく,自発性に水気上衝を起したと解釈される場合で,「欬逆倚息,臥すことを得ざるもの」(金匱要略痰飲)もその一つである。倚息は寄かかって坐る意味だから普通に横臥が出来ず呼吸が苦しいので坐っていることである。気管支喘息,肺気腫などに応用される。「婦人涎沫を吐す。医反って之を下し,心下即ち痞す。先ずその涎沫を吐すを治すべし」(金匱要略婦人雑病)も水気上衝の例だが,この条の意味は涎沫は唾又は胃液が口き出て来るもので胃が冷え水が停滞しているときに起る容態と考えられる。胃が冷えているのは温め補力すべきなのに反対に下すと胃は益々虚冷に陥り,そのために心下部が気痞を起し痞える感じを現わす。この時は先ず小青竜湯の乾姜で胃冷を温め,水気上衝の涎沫を治しておき,涎沫が止み胃冷が回復した所で瀉心湯で心下の痞えを治すのが順序であるとの意である。婦人でなくとも唾の多い人,よだれ,酸い胃液が口に出るものなどに本文を使い得るのであって之を応用して唾液分泌過多症,蛔虫による唾液過多,胃酸過多症による生唾の多いものなどを小青竜湯で治すことが出来る。(中略)
 水気上衝が口からでなく眼から出ると解釈されるのは小青竜湯を流涙に使う場合である。即ち急性慢性の結膜炎,涙嚢炎,虹彩炎,その他の炎症性訓患で,充血と流涙の多いときに本方を用いる。充血を気上衝と見るのだから,鬱とうしい感じが強い場合であって疼痛を伴うことが多く,自覚症が少いときは本方は向かない。涙は水が上に昇って来たと見るべきだから涙の少いもの,眼やにが多いものなどにも矢張り向かない。鑑別を要するのは葛根湯:肩が張り涙は少く或は全然無くてただ充血だけする。苓桂朮甘湯:充血流涙は共通するが,苓桂朮甘湯は虚証で顔色貧血性,眩しい感じが強く,動悸を訴えるものが多い。従って腺病質性フリクテン性結膜炎などに使う。
桃核承気湯:充血,鬱血が主で,便秘し,足が冷えてのぼせる。流涙は殆どない。
瀉心湯:充血が主で便秘し,のぼせるが足は冷えず鬱血症状もない。流涙は殆どない。

 運用 3. 水気が体表に溢れ,浮腫,疼重,分泌などを生したときに使う。心下の水気が上に昇らずに体表にあふれて行く場合で,金匱要略痰飲病に「病,溢飲の者は当にその汗を発すべし。」というのがそれである。溢飲とは同書に「飲水流行四肢に帰し,当に汗出づべくして汗出でず身体疼重す。これを溢飲といふ。」と定義しているのを参照する。これにより腎臓炎,ネフローゼその他の浮腫に小青竜湯を使うが,発熱有無には関しない。但し脉が浮弱であることを要する。発熱があれば脉は浮弱数になり無熱なら浮弱だけである。
類方の鑑別 大青竜湯:病勢が強くて煩躁し脉も浮緊である。
越婢加朮湯:脉沈
苓甘姜味辛夏仁湯:表熱症状はなく脉沈
五苓散:発熱,浮腫は共通するが五苓散では煩渇,尿利減少がある。本方にそれがあっても極く軽い。

 運用 4. その他心下に水気有りを留飲として留飲症状に使うことがあるそれは金匱要略痰飲病に「それ心下に留飲有れば其人背寒冷すること手大の如し」背中で手掌大の部分に冷感を訴えるのが目標になる。胃病ばかりでなく各種の病にも之は応用出来る。背中が冷えるというものに附子湯も白虎加人参湯もあるが,それらは範囲が広く,且つ部位が不定だが,小青竜湯では概して第6~第10胸椎の高さの間で限局性にそれを感じる。
 「留飲の者は脇下痛み,缺盆に引き,咳嗽するときは則ち轍ち已む。」季肋部,季肋下部,側胸部等が痛み,それがぼんのくぼに放散し,欬をすると痛みが止まるというのだが,一書には已むを転じ甚しとなっている。そういう場合も有り得ると思う。浅田宗伯先生の方函口訣に「胸痛頭疼悪寒汗出るに発汗剤を与ること禁法なれども欬して汗ある症に矢張り小青竜湯にておし通す症あり。(中略)一老医の伝に此場合の汗は必臭気甚しを一徴とすべし。」というのもこの場合の応用と見てよいであろう。肋間神経痛,肋膜炎,その他胸痛,胸下痛があり,咳を伴う疾患に応用することがある。


勿誤方函口訣〉 浅田 宗伯先生
 此の方は表解せずして,心下水気ありて咳喘する者を治す。又溢飲の咳嗽にも用ゆ。其人咳嗽喘急寒暑に至れば必ず発し,痰沫を吐て臥すること能はず,喉中しはめくなどは心下に水飲あればなり。此方に宜し。若し上気煩躁あれば石膏を加ふべし。



漢方の臨床〉 第8巻 第11号・第12号
          第9巻 第1号・第6号

小青竜湯について     竜野 一雄先生

 1.処方の構成
 麻黄(節を去る),芍薬,細辛,乾薑,甘草(炙),桂枝(皮を去る) 各3両(3.0),五味子半升(3.0),半夏(傷寒論は洗ふ,金匱要略は湯洗) 半升(5.0)
 右八味水一斗(400)を以て先づ麻黄を煮て二升(80)を減じ,上沫を去り諸薬を内れ,煮て三升(120)を取り,滓を去り,一升(40)を温服す。
 一両は1.3グラムに相当するが実際には面倒をはぶいて1.0ぐらむに換算して使って充分に効果がある。水一升は20c.c.だが,実際的には少なすぎるので倍量の40c.c.使うことにした。一升20c.c.の枡を作って計算すると五味子一升は6.0になるので半升を3.0とした。浅田流その他では2,3粒しか用いないが,それは味のわるさを考慮したからであろうが,薬効上からは味のわるさをいとわず多量に用いるべきである。半夏半升は10.0に該当するから,半升を5.0とした。
 麻黄の節を去るのは節間はエフェドリンを多く含み,節の部分はエフェドリンに対して拮抗作用があるから,エフェドリンの作用を滅殺せぬために節を去るとも解釈できるが,果してエフェドリンだけが麻黄の主作用であるかどうかはまだ断言できない。麻黄だけ先に煮て上沫を去るのは,本草書には煩を起さぬためだと説明されているが,水に溶けやすく,軽くて上に浮ぶ,何らかの副作用を呈する微量成分があるためかも知れない。しかしその成分や作用についてはまだ全然追及されていない。中国薬物の加工や煮法にはしばしば料理の仕方と共通した方法があるので,麻黄の場合もごく単純に考えると湯がいてアクを除くに類している。しかし実際には必ずしも目に見えるほどの上沫があるとは限らない。或は麻黄の新旧により,新しいものは沫が出るが旧いのになると沫は出ないとの説もある。
 甘草を炙るのは,成分的には皮の部分の有害成分を加熱分解して無害にするためのようだが,同時に甘味を増すためでもある。
 桂枝の皮を去るのは,表皮を除去して桂皮油を多く含んだコルク層の部分を露出して浸出を容易にするためであろう。
 半夏を洗うとか湯洗するとかの意味はよくわからないが,水に溶けやすい何かの刺戟成分を除去するためであろう。
 小青竜湯の内容をみると,桂枝湯麻黄湯の合方に加減したような構成になっているが,麻黄が最初に主薬として挙げられ,あたかも麻黄湯の系統であるかのごとき印象を受け,便宜上でも習慣的にも例えば喜多村直寛先生の傷寒雑病類方などのように麻黄湯の類方として分類されているが,実は桂枝湯の系列に入るべきものであろう。それにしてもなぜ桂枝をずっと後の方に挙げたかという点については私には全くわからない。
 
  



【参考】
※餐英館療治雑話(さんえいかんりょうじざつわ):目黒道琢著。
傷寒論、金匱要略の処方、また、唐宋以下本朝経験方および丸散処方、諸病の区別、口訣、経験、諸薬の試功を載せ、今日でも運用価値の高いもの。古方、後世方いずれに偏することなく採用しており、きわめて臨床的で現代漢方にも大きく貢献している。


※浮泛(ふはん) (名)スル 〔「浮」「泛」ともに浮かぶ意〕うわついていること。

※倚息(いそく):ものに寄りかかって息をする。呼吸困難。


(効能・効果)
【ツムラ・他】
  • 次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒
  • 気管支炎

【コタロー】
  • 次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒
  • 発熱症状後、尿量減少し、胸内苦悶、胃部に水分停滞感があり、喘鳴を伴う喀痰の多い咳嗽があるもの、あるいは鼻汁の多い鼻炎や、流涙の多い眼病の如く、分泌液過多のもの//気管支炎

【三和】
  • 次の疾患における水様の痰、水様鼻汁、鼻閉、くしゃみ、喘鳴、咳嗽、流涙//気管支喘息、鼻炎、アレルギー性鼻炎、アレルギー性結膜炎、感冒
  • 咳とともに稀薄の喀痰がでて、呼吸困難、喘鳴あるいは水鼻などを伴うものの次の諸症//気管支炎
【一般用漢方製剤承認基準】
〔効能・効果〕
体力中等度又はやや虚弱で、うすい水様のたんを伴うせきや鼻水が出るものの次の諸症:
気管支炎、気管支ぜんそく、鼻炎、アレルギー性鼻炎、むくみ、感冒、花粉症



【重い副作用】
  • 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、腹痛、下痢
  • 動悸、不眠、発汗過多、尿が出にくい、イライラ感
  • 発疹、発赤、かゆみ


参考
小児の投与目安量
未熟児 新生児 3ヶ月 6ヶ月 1歳  3歳 7歳半 12歳 成人
1/10    1/8   1/5   1/5   1/4  1/3  1/2   2/3   1

2011年9月17日土曜日

十全大補湯(じゅうぜんだいほとう) の 効能・効果 と 副作用

漢方診療の實際』 大塚敬節 矢数道明 清水藤太郎共著 南山堂刊
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう)
本方は慢性諸病の全身 衰弱時の虚證に用いるもので、貧血・食欲不振・皮膚枯燥・羸痩等を目標とする。脈も腹も共に軟弱で、皮膚は艶なく、甚しいのは悪液質を呈してくる。病勢が 激しく活動性のもの、熱の高いものなどには用いられない。また本方服用後に食欲減退・下痢・発熱などを来すものには禁忌とすべきである。
本方中、人参・白朮・茯苓・甘草は健胃の力が強く、食欲を進め、消化吸収を盛んにする。当帰・芍薬・川芎・熟地黄は、補血・強心の能があって、貧血・皮膚枯燥を治し血行をよくする。黄耆・桂枝はこれらすべての作用を一層強化するものである。
本方は以上の目標を以て、諸種の大病後または慢性病等で疲労・衰弱している場合、諸貧血病、産後及び手術後の衰弱、痢疾後、瘧疾後・癰疽・痔瘻・カリエス・瘰癧・白血病・夢精・諸出血・脱肛に用い、また久病後の視力減退等に広く応用される。


『漢方精撰百八方』
27.〔方名〕十全大補湯(じゅうぜんたいほとう)
〔出典〕和剤局方(北宋・陳師文等奉勅撰)

〔処方〕熟地黄3.5 茯苓3.5 当帰3.5 朮3.5 川芎3.0 芍薬3.0 桂枝3.0 人参2.5 黄耆2.5 甘草1.0

〔目標〕全身衰弱、貧血、食欲不振、削痩、皮膚はツヤなく乾燥、脈、腹ともに軟弱。
〔かんどころ〕大病後または産後、外科手術後の衰弱を回復するのによいが、病勢が著しく活動性のもの、高熱、結核のシェープには用いられないし、服薬後かえって下痢、食欲不振、発熱などがあらわれるものには禁忌である。

〔応用〕本方は血虚を補う四物湯と、気虚を補う四君子湯の合方である八珍湯の効をさらに強化するため、桂枝と黄耆を加え十薬が全くして大いに虚を補すとい方意である。補中益気湯よりも一段と虚し、衰弱と貧血が強い。気血が虚したため麻痺を発した老人病や、大病後の衰弱で視力が減退するもの、下痢が長く続いて栄養失調となり体力のないもの、衰弱による夢精、産後の肥立ち悪く帯下の続くもの、フルンケル、カルブンケル、カリエス、痔瘻などで排膿止まず肉芽不良のもの、脱肛、子宮脱など虚弱に起因するものに応用する。外科手術後の回復促進に用いる機会が最も多く、白血病、悪性腫瘍、悪性貧血にも用いて一時の効をとることがある。肺結核にも用いるが、適応はそれほど多くない。

〔治験〕七十三才の男性、上顎癌が進行し転移もあり右顔面が岩のようになって崩れている。衰弱はなはだしく悪液質を発し、外科的手術も放射能治療も行いない。輸血は毎日しているがヘモグロビン値は6.0より上がらない。予後不良で一ヶ月とはもたないから帰宅してそのまま死を待つよりほかない。家人もすべてはあきらめているが、最後に漢方薬をのませてみたいという強い希望に心動かされ、延命効果しかないことを十分承知させた上で、本方の人参を韓国産の片製を配して投与した。一週間後には元気が出てよく話をするようになりヘモグロビン値は6.5になった。輸血は毎日続行しそれまで6.0以上になったことがないのに、一週間で上昇したことは本方の効としか考えられない。結局三十六日目で死亡したが、割合に体力が回復しいく分の延命効果を認めることが出来た。 石原 明



漢方薬の実際知識』 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊
十全大補湯(じゅうぜんだいほとう) (和剤局方)
〔人参(にんじん)、黄耆(おうぎ)、白朮(びゃくじゅつ)、茯苓(ぶくりょう)、当帰(とうき)、芍薬(しゃくやく)、熟地黄(じゅくじおう)、川芎(せんきゅう)、桂枝(けいし)各三、甘草(かんぞう)一〕
本方は、八物湯に表虚のため、黄耆、桂枝を加えたものであり、連珠飲に黄耆、人参を加えたものとしても考えることができる。したがって、四物 湯の瘀血、苓桂朮甘湯の水毒、四君子湯の裏虚、黄耆・桂枝の表虚などを含んでいることになる。本方は、気・血・表・裏・内・外すべてが虚しており、疲労を 訴えるもので、発熱、口渇、咽喉痛、食欲不振、めまい、貧血、精神安定、皮膚乾燥、遺精、諸出血などを目標とする。
〔応用〕
つぎに示すような疾患に、十全大補湯證を呈するものが多い。
一 肺結核、骨結核(カリエス)、ルイレキ、痔瘻、脱肛、白血病、神経衰弱、諸出血、皮膚病など。




《資料》よりよい漢方治療のために 増補改訂版 重要漢方処方解説口訣集』 中日漢方研究会
35.十全大補湯(じゅうぜんだいほとう) 和剤局方
人参25 黄耆2.5 朮3.5 当帰3.5 茯苓3.5 熟地黄3.5 川芎3.0 芍薬3.0 桂枝3.0 甘草1.0


現代漢方治療の指針〉 薬学の友社
貧血して皮ふおよび可視粘膜が蒼白か,栄養不良でやせており,食欲がなく衰弱しているもの。
本方は四物湯と人参湯に似たものを合方したような処方で,慢性に経過する諸種疾患の衰弱時に用いられ,消耗した体力を賦活し体力を増強せしめる。病中病後の衰弱時に普遍的な症候として,本方が適応するものが少なくない。具体的には容貌,栄養ともに悪く,食欲不振とともにやせて体力が低下し,皮ふにはつやがなく,気力も乏しく非常に疲労倦怠感ざ著しいと言う状態のものが目安となる。本方が対象になるような衰弱時は通常消耗熱あるいは神経症状などを伴いやすいが,本方適応症状に似て前者の消耗熱を随伴するものは,人参養栄湯が適する。人参養栄湯は本方症状と熱症状のほかに発咳があるので区別できる。また衰弱と熱の観点から,柴胡桂枝干姜湯が類似するが,柴胡桂枝干姜湯にはさらに神経症状(不眠,動悸)と消化器症状(消化不良性下痢,口渇)などが著明な点で,明確に区別できる。したがって前者の二処方は病勢が活動的であることがポイントであり,本方は病勢がやや落ちついた状態で体力増強が急務であるものを対象にすればよい。本方を投与後,次第に好転して治癒機転にあるもの。すなわち回復期には補中益気湯の応用を考慮すればよい。以上の諸点から本方は病勢が激しく,著明な熱症状,下痢,神経症状などがある場合は用いられないので衰弱と熱,咳には人参養栄湯を,衰弱と熱,消化器症状を伴うものには柴胡桂枝干姜湯を,回復期には補中益気湯を,衰弱して特殊な症状の少ないものには本方を考え,視診,問削などを総合判独して応用すれば良い。


漢方処方応用の実際〉 山田 光胤先生
○慢性病,大病後,虚弱者,老人,幼児などで体力,気力ともに衰えたものに用いる。したがって疲労しやすい,皮膚枯燥,貧血,盗汗,大便軟,小便がしぶり,あるいは頻数になり,遺精,発熱,微熱,口乾,咽喉痛,舌あれ頭や頸の痛み,めまい,精神不安など種々の症状を呈し,食欲が減少するもの。これを梧竹楼は「種々な原因によって過労衰弱を来した一切の者や老人,虚弱者がいろいろな雑症があって,これぞといってとらえどころのない病人に用いる。すべての癰疽の排膿のあとは,大抵本方に附子を加えて用いるとよい」といっている。
○勿誤薬室方函口訣には「局方の主治では,八物湯は気血の虚を治し,薛立斎の主治によれば,黄耆は人参に協力して自汗盗汗を止め,表の気を固くする。桂枝は人参,黄耆に協力して遺精,大便軟,尿不利あるいは尿頻数を治す」といっている。
○方意解:和田東郭は本方の症状として血便,血尿,下腹痛,脱肛,陰茎痒痛などをあげている。
○踈註要験:①産後の衰弱,貧血,②結核などで衰弱したもの。③虚弱な人が房事過度で衰弱したもの。④腹痛が種々な薬を用いても治らないとき,こういうとき黄耆建中湯で鎮痛の効を得たことがあること,⑤内症により発疹を生じたもの,こういうことは発汗過多,過労のあとでおきるものである。⑥数年にも及ぶ下痢症。


漢方診療の実際〉 大塚,矢数,清水 三先生
本方は慢性諸病の全身衰弱時の虚証に用いるもので,貧血・食欲不振・皮膚枯燥・羸痩等を目標とする。脈も腹も共に軟弱で,皮膚は艶なく,甚しいのは悪液質を呈してくる。病勢が激しく活動性のもの,熱の高いものなどには用いられない。又本方服用後に食欲減退・下痢・発熱などを来すものには禁忌とすべきである。本方中,人参,白朮,茯苓,甘草は健胃の力が強く,食欲を進め,消化吸収を盛んにする。当帰,芍薬,川芎,熟地黄は,補血,強心の能があって,貧血,皮膚枯燥を治し血行をよくする。黄耆,桂枝はこれらすべての作用を一層強化するものである。
本方は以上の目標を以て,諸種の大病後または慢性病等で疲労,衰弱している場合,諸貧血病,産後及び手術後の衰弱,痢疾後,瘧疾後,癰疽,痔瘻,カリエス,瘰癧,白血病,夢精,諸出血,脱肛に用い,また久病後の視力減退等に広く応用される。


漢方処方解説〉 矢数 道明先生
この方は気血,陰陽,表裏,内外,みな虚したものを大いに補うという意味で十全大補湯と名づけた。諸病の後で,全身の衰弱がひどく,貧血し,心臓も疲れ,胃腸の力も衰え,痩せて脈も腹も軟弱,温かい手をもって腹を按ずることを好み,熱状のないものを目標とする。


勿誤方函口訣〉 浅田 宗伯先生
此方,局方の主治によれば,気血虚すと云ふが,八物湯の目的には,寒と云うが黄耆,肉桂の目的なり。又下元気衰と云ふも肉桂の目的なり。又黄耆を用ふるは人参に力を併せて自汗盗汗を止め,表気を固むるの意なり。肉桂を用ゆると,九味の薬を引導して夫々の病む処に達するの意なり。何れも此意を合点して諸病に運用すべし。

医方口訣集〉 長沢 道寿先生
凡そ人元気素より弱く,或ひは起居宜しきを失するに因り,或ひは飲食労倦に因り,或ひは用心大過に因り,遺精白濁,自汗盗汗,或ひは内熱,哺熱,潮熱,発熱,或ひは口乾きを渇を作も,咽痛み舌裂けて,或ひは胸乳膨張し,脇筋痛みをなし,或ひは頭頸時に痛み,眩暈目花あり,或ひは心神寧らず,或ひは寤めて寝られず,或ひは小便赤く渋り,茎中痛みをなし,或ひは便溺余滴あって,臍腹陰冷し,或ひは形容充たず,肢体寒を畏れ,或ひは鼻息急迫等の諸症を治するの聖薬なり。


蕉窓方意解〉 和田 東郭先生
すなわち八珍湯に黄耆,肉桂を加うるものなり,気血ともに虚し,発熱悪寒,自汗,肢体倦怠,あるいは頭痛,めまい,口乾の渇を作して治す。また久病虚損,口乾き食少なく咳し,しかして下痢,驚悸発熱,あるいは寒熱往来して盗汗,自汗,哺熱,内熱,潰精白濁,あるいは二便に血をみる。小腹痛みて作し,小便短乾,あるいは大便滑泄,肛門下墜,小便を再々もよおし陰茎が痛むなどの症を治す。


和剤局方〉 陳 師 文 先生
男子婦人諸虚不足,五労七傷,飲食進まず,久病虚損,時に潮熱を発し,気骨脊を攻め,拘急疼痛,夜夢遺精,面色痿黄,脚膝力無く,一切病後気旧の如からず,憂愁思傷,気血を傷動し,喘欬中満脾腎の気弱く,五心煩悶するを治す。並びに哲之を治す。此の薬性,温にして熱せず,平補にして効有り,気を養ひ,神を育し,脾を醒まし渇を止め,正を順らし邪を辟く,脾胃を温煖して其効具さに述ぶべからず。


名医方考〉 呉 崑 先生
肉極は肌肉消痩し,皮膚枯槁す,此方之を主る。肉極陰火に由りに久灼する者治し難し,宜しく別に六味地黄丸を主らしむべし。若し飲食労倦,脾を傷るに由りて肉極を致す者は宜しく大いに気血を補うを以て之を充つべし。


漢陰臆乗〉 百々 漢陰先生
諸虚百損,一切老人虚人の色々の難症ありて此れぞというて執まえてせめる処もなしと云ふ病人に用いる也。


十全大補湯(じゆうぜんだいほとう)(和剤局方、諸虚門、諸書 補益門)
【処方】
人参、白朮、茯苓、当帰、川芎、熟地黄、芍薬、桂枝、黄耆、大棗、生姜、甘草。


本方は、四物湯と四君子湯との合方である八珍湯に、さらに黄耆、肉桂を加味したものである。十薬全うして大いに能く虚を補う、故に十全大補湯と名付けられた。また、気血陰陽、表裏内外共に補わないものはなく、十全の効があるからとも云われる。


【主治】
●和剤局方(龔廷賢)
「男子婦人諸虚不足、五労七傷、飲食進まず、久病虚損、時に潮熱を発し、気骨脊を攻め、拘急疼痛、夜夢遺精、面色痿黄、脚膝力無く、一切病後気旧の如からず、憂愁思傷、気血を傷動し、喘咳中満脾腎の気弱く、五心煩悶するを治す。並びに皆之を治す。此薬性温にして熱せず、平補にして効有り、気を養ひ神を育し、脾を醒まし渇を止め、正を順らし邪を辟く、脾胃を温暖して其効具さに述ぶべからず」と述べている。


●万病回春(龔廷賢)
「気血倶に虚し、発熱悪寒、自汗盗汗、肢体倦怠、或は頭痛眩暈、口乾渇を作すを治す。又久病虚損、遺精白濁、肛門下墜、大便滑泄、小便数、陰茎疼痛等の症を治す」とある。


●名医方考(呉昆)、虚損門
「肉極は肌肉消痩し、皮膚枯槁す、此方之を主る。肉極陰火に由りて久灼する者治し難し、宜しく別に六味地黄丸を主らしむべし。若し飲食労倦、脾を傷るに由りて肉極を致す者は、宜しく大いに気血を補ふを以って之を充っべし」とある。

即ち、本方は諸病の末期、或いは全身の衰弱ひどく、貧血し、心臓が衰弱し、消化器の機能の衰えたのを鼓賦振興する場合に用いる。応用範囲の非常に広いものである。末期の消耗熱の場合の外、熱のある者には使えない。脈は洪で無力、或いは微細、緩遅で、腹状は軟弱で、さすつてもら痛がり、皮膚は枯燥しているものである。


【目標】
●勿語方函口訣(浅田宗伯)
「此方局方の主治によれば、気血虚すと云ふが八物の日的にて、寒と云ふが黄耆、肉桂の目的なり。又下元気衰と云ふも肉桂の目的なり。又薛己の主治によれば黄耆を用いるは人参に力を併せて自汗盗汗を止め、表気を固むるの意なり。肉桂を用ゆるは人参黄耆に力をかりて遺精白濁、或は大便滑泄、小便短少、或は頻数なるを治す。又九味の薬を引導して夫々の病処に達するの意なり。何れも此意を合点して諸病に運用すべし」とある。


●当荘庵家方口訣(北尾春甫)
「気血両虚の虚冷したるに用いる剤なり。虚甚しければ則ち附子を加ふ。脈法進んで無力、中弦緊按じて鼓せず、或は大にして無力、或は微細緩遅、心下空虚按を好み、或は熱手心を以って温むれば則ち快を覚ゆるを目当にするなり。此症寒を畏れ、足冷眼晴うっかりとして、どこやら少し熱もあれども実熱ならず、十全大補湯は仮熱を去る剤なり。

虚人々の腹痛あると云ふによきことあり。四君子湯、補中益気湯、六君子湯と用ゆる中に、どこやら血燥潤わせたきと思ふ様なるときに用ゆ。峻の熱すっきりと去りて保養によし。産前臨産の気弱きに用ひてよし。臨産交骨開かずも虚なり。十全大補湯、産後交骨閉ぢざるも虚大神とあり、必要の剤なり。交骨は陰門の上の骨なり。つがいめ有りて、子宮向へば骨開きて生るなり。生れて後又閉じるなり。

産後血暈、くらきくと云ひて脈弱きに用いることあり。脱血の時に黒炒乾姜を加えて用ゆるなり。血多く下るときは肉桂は去りてよきと云ふことなり。然れども血下り尽き、手足冷え、東垣の語の如く陰火も共に亡ぶるときは、血につれて陽脱せる故亡陽の症になるは肉桂、附子を加えて用いるなり。産後戦慄に人参三分入れ、独参湯、参附湯と兼用するなり、総じて脱血して戦慄に用いるなり。碗を手に持つことならぬ様に振るう者なり。甚しければ則ち剛痙柔痙とある症に成りて速かに死するなり。産前産後に必要なる剤なり。

癰疸潰後必要の剤なり。黄耆、肉桂は表を固くいやす意なり。内より托裏するなり。内托散も用ゆ、癰疸潰後内托散は定まりたる剤なり、然れども虚多くば内托散は無用の薬味もある故に、一偏に補はぬなり。痘漸次収厭せんとするとき弱みあれば用ゆるなり。

痘のかわくに潤ひて掛る剤なり。水膿の間は大形方用ひず。(註:大体方は用いないの意)何の道にも気血両虚して痘乾くによきなり。久瘧には附子を加えて必用なり。傷寒汗出で止まず、亡陽と云ふて汗につれて元陽脱し死するあり、故に汗出で已まざる時は此方主薬なり。熟附子を加ふ。脱肛収まりかね、或は産後子腸出で収まらざるにも用ゆ。補中益気湯に肉桂を加えて用ゆるなり」とある。


●漢陰臆乗(百々漢陰)
「諸虚百損、一切老人虚人の色々の難症ありて、此れぞと云ふて執まへて攻める処もなしと云ふ病人に用いるなり」とある。


●医方口訣集(長沢道寿)
「凡そ人元気素より弱く、或は起居宜しきを失するに因り、或は飲食労倦に因り、或は用心大過に因り、遺精白濁、自汗盗汗、或は内熱、哺熱、潮熱、発熱、或は口乾きて渇を作し、咽痛み舌裂けて、或は胸乳膨脹し、脇筋痛みをなし、或は頭頸時に痛み、眩暈目花あり、或は心神寧らず、或は醒めて寝られず、或は小便赤く渋り、茎中痛みをなし、或は便溺余滴あって、膀腹陰冷し、或は形容充たず、肢体寒を畏れ、或は鼻息急促等の諸症を治するの聖薬なり。

愚按ずるに俗医前症を見るときは、或は腎虚と云ふて、四物湯知母黄柏を用ひ、或は痰火と云ふて二陳湯、導痰黄連を用ひ、或は肝熱と云ふて小柴胡、竜胆、山梔子を用ひ、或は風虚と日ふて天麻、半夏、姜蚕の類を用ひ、或は淋病と曰ふて沢瀉、猪苓、木通の類を用ひ、或は寒積と曰ひ、或は熱脹と曰ひ、或は欝気と曰ひ、姜附湯、三和散、流気飲等の類を用ゆ、皆救はざることを致す。」と述べている。


●医方口訣集(長沢道寿)
「一切虚証に然りて苦寒薬を服し、壊病百出の時、六君子湯、補中益気湯の類を投じて応ぜず。此湯を用ひ姜附の類を加ふ。冬月厳寒老人虚人淡煎して日一に二服して養生の助けと為す」とある。
これらの諸説は本方運用上の参考となろう。


【治験】
●和漢医林誌(杏雨社)
「一男子年廿七、傷寒を患ひ、洋医三名の治を受け、熱漸く退き稍々快を覚え、又能く食するも羸痩日一日より甚だし、加えて両足痿軟厥冷肉脱して恰も鶴脛の如し、更に痛養を知らず。是に於て前医も百方治術を施すと難も寸効なく、治を辞す。

精神痴の如く毫も物に記臆なく、譬えば晩餐の時朝食の物を問ふに其何たるを覚えざるが如し。予往きて診するに脈沈微衰弱太甚し、果して難治の症と診認し、固辞すれども許さず、頻りに薬剤を請ふを以って、止むを得ず十全大補湯五貼を与へ一昼夜に服す可しと命じて去る。

次日奴を走らせ告げて曰く、妙剤を服してより足冷少しく止まりたり、願ばくは投剤を乞ふと、因って又前方を与ふること五日にして屈伸大いに順を得、杖に椅りて一歩を送り、且つ精神も自ら清く、言語漸く朗かなり。爾後益々前剤を連服せしむるに五十日にして復常せり」とある。


●甲斐小山喜俊
「遠藤吉門女年二十三、幼より病なし。五年前某月、右部項腋の間に結核一二を発し、遂日左部に、波及し其の形大小累々として連珠の如く、之を按ずるに更に痛痒を覚えず、起居動作も亦平常ならず、病勢緩慢なるを以って敢て意とななさず、殆ど一周年間。某歳夏天寒熱往来、結核暫時に横潰し、汚水を滲漏す、是に於て始めて医療を乞ひ、荏再歳月を経て効駿なし。本年三月初旬予を延く、診するに脈軟弱にして血液栄せず、面色惨憺形容枯幅恰も骨に皮するに斉し。

而して神心恍惚食機振はず、予熟ら意らく、是標桿猛烈の剤に過ぐ、畢竟解凝攻撃は凡庸普通の手段にして早く峻補滋養の剤を撰用し、劇易緩急の処置なくんば鬼籍に上る果して近きにあらんと、則ち十全大補湯加えて燕面草、貝母、遠志兼ぬるに伯州散を服さしめ、患所に燕面膏を塗擦すること二週間にして大いに回生の色を顕はし、累々たる結核逐次に消散し、随って汚水も亦収まる。尚ほ又前剤を連進する三閲月にして積年の痼疾全癒し幸に鬼籍を免るるを得たり。」と述べている。

龍野一雄氏はヘルニア手術後の糞痩愈えず、濃汁の出ること三月に及ぶものを本方一月程で全治させたという。


●羽前、佐藤元悦
「安部半治郎妻年三十八、客歳十月出産後悪露を得続いて帯疾となり、医之を療し荏薄日を延いて愈えず。予往きて診するに顔色屡黄脈沈微舌上黄胎呼吸息迫、少く往来寒熱、腹中拘攣小腹小塊あり、時時急痛飲食不進、両便不利す。予帯下の多少を問ふに昼夜六七行其量六七勺、乃至一合三四勺、其色或は黒く或は桃花色にして少しく臭気ありと。予以為らく、胃?膀胱及び子宮の衰弱により熱分の虚を来たせし者なりと、即ち十全大補湯を与へ之を服さしむること六月初旬より八月中旬まで凡そ七十余日にして全治す」と述べている。


【薬能】
●名医方考(呉 昆)
「肉極者、肌肉消痩し、皮膚枯槁す。若し飲食労倦脾を傷るに由って肉極を致す者は、宜しく大いに気血を補ふて以って之を充つ。経に曰く、気は之を胸くことを主り、血は之を濡ほすことを主る。故に人参、白朮、黄耆、茯苓、甘草、甘温の品を用いて以って気を補ふ。気盛なるときは則ち能く肌肉を充実す。当帰、川芎、芍薬、地黄、肉桂、味厚の品を用いて以って血を補ふ、血生ずるときは則ち能く其の枯を潤沢す」とある。


●方意弁義(岡本一抱)
「十全大補湯は八物湯に黄耆、肉桂を加ふ。八物湯は四物湯に四君子湯を合するより、気血両虚を補ふこと両輪の如し、四物湯を用ゆる血虚の症一等重くなるときは気血両虚となる。又虚すること一等甚しきときは大補湯を用ゆる場に至る。大補湯は四君子湯と四物湯とを合して黄耆、肉桂を加えるものなり。黄耆を加ふるは補へる気を引きしめて泄さず、肉桂は四君子湯、四物湯の補を強くせんがためなり。喩へば甑に蓋をなして蒸したるが如し、黄耆は蓋の如し、肉桂は釜下の火の如し、是を以って其気を能く生じて気を中にみたしむるものなり」とある。


【禁忌】
●医学正伝(虞 傳)
「肥白の人、及び気虚して汗多きもの之を服して効あり。若し蒼黒の人、腎気有余にして甚だ虚せざるもの、これ服すれば必ず満悶して安からず。嘔吐と中満と、及び酒を嗜むの人、多く服すれば必ず膈を斂めて行らずして嘔満増劇す。骨蒸多汗及び気弱の人、久しく服するときは真気走散して陰愈々虚すること甚し。痰火盛なる者は恐らく膈に泥んで行らざらんことを、久咳、労咳、喀血、火肺分に在るもの、これを服せば必ず咳を加えて喘を増して寧らず。壮年火の旺ずるもの服することを忌む。壮年咳嗽、頭痛、鼻衄、吐血等の諸症最もこれを忌むべし」とある。


【応用】
・肺結核:熱状は著しくなく、咳嗽、湿痰もなく、発汗のひどくないものに用いる。皮膚枯燥したものを目的とし て用う。肺結核には本方の症は至って少い。
・痢疾 :慢性下痢後、栄養衰え、元気の回復しないもの。
・瘧疾 :長年治らなくて虚羸したもの。
・癰疸 :潰えて後排膿の止まらないもの。
・瘰癧 :潰えて後虚羸、稀膿の止まないもの。
・カリエス:腸癰等、痩孔長く癒えないもの。
・産後諸症:本方の症が多い、血振いという類。
・夢精  :虚のひどいもの。
・麻痺  :気血虚して麻痺を発するもの。…
・久病後 :視力減退健忘のもの。
・帯下  :長血、子宮癌、諸悪性腫瘍。
・脱肛  :痔漏、子宮脱出等。





(効能・効果)
【ツムラ・他】
病後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血。

【コタロー】
皮膚および粘膜が蒼白で、つやがなく、やせて貧血し、食欲不振や衰弱がはなはだしいもの。消耗性疾患、あるいは手術による衰弱、産後衰弱、全身衰弱時の次の諸症。

  • 低血圧症、貧血症、神経衰弱、疲労けん怠、胃腸虚弱、胃下垂。

【三和】
貧血して皮膚および可視粘膜が蒼白で、栄養不良、痩せていて食欲がなく衰弱しているものの次の諸症。

  • 衰弱(産後、手術後、大病後)などの貧血症、低血圧症、白血病、痔瘻、カリエス、消耗性疾患による衰弱、出血、脱肛。

【一般用漢方製剤承認基準】
〔効能・効果〕
体力虚弱なものの次の諸症:
病後・術後の体力低下、疲労倦怠、食欲不振、ねあせ、手足の冷え、貧血


【重い副作用】
  • 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、下痢
  • 発疹、発赤、かゆみ

2011年9月9日金曜日

茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) の 効能・効果 と 副作用

漢方診療の實際』 大塚敬節 矢数道明 清水藤太郎共著 南山堂刊
茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)
 本方は主としてカタル性黄疸の初期で実證のものに用いられる方剤であるが、必ずしも黄疸がなくてもよい。裏に瘀熱のあるのを目標とする。
 目標としては、腹部殊に上腹部が微満し、心下より胸中にかけて如何にも不愉快で、胸が塞ったような感じがあり、口渇・大小便不利・頭汗・発黄等を認める。脈は多くは沈実で、舌には黄苔のあることがある。
  本方を構成する茵蔯蒿には、消炎・利尿の外に黄疸を治する特能があり、梔子にもまた消炎・利尿の外に黄疸を治する効があり、大黄には緩下消炎の効がある。 故に黄疸でも肝硬変症や肝臓癌等から現われるものには無効である。本方はカタル性黄疸のみならず、脚気・腎臓炎・蕁麻疹・口内炎等その他如何なる疾病で も、上述の如き目標を確認する時はこれを用いてよい。



『漢方精撰百八方』
49.〔方名〕茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) 〔出典〕傷寒論。金匱要略。 〔処方〕茵蔯5.0 梔子3.0 大黄1.0 〔目標〕
1.熱があって便秘し、頸から頭の方にだけ汗が出て、のどが乾いてのむのに、小便の出が少ないもの。こんな場合には、二、三日たって黄疸になるおそれがあるが、黄疸の有無にかかわらず、この方を用いる。
2.熱が出て、かぜかと思っているうちに、からだが黄色になった。気をつけてみると、小便の出が少なく、腹がはって、大便の色が灰色で、少ししか出ない。
3.さむけがしたり、熱が出たりして、食欲がない。たべるとめまいがし、胸の気持ちがわるく、吐きそうになる。そのうちにからだが黄色になった。

〔かんどころ〕腹がはる。殊に上腹部がいっぱいつまった感じで、たべたものが落ちつかず、吐きそうである。便秘と尿の不利と口渇をたづねてみて、これがそろえば、この方の適応症と考えてよい。殊に尿の着色がひどくて、濃厚で、からだをかゆがれば、この方を用いてよい。腹証上、心下のつかえがあり、肝の肥大を証明することがあるが、肝の肥大がなくても用いる。

〔応用〕肝炎。じんましん。ネフローゼ。腎炎。

〔附記方名〕急性肝炎の場合には、茵蔯蒿湯だけで奏効することが多いが、慢性肝炎、肝硬変症には、小柴胡湯合茵蔯蒿湯、大柴胡湯合茵蔯蒿湯を用いた方がよいと思われるものがある。

〔治験例〕じんましん。十七才の男子、一ヶ月ほど前から、じんましんが出て治らない。食欲はあるが、胸がつまった感じでさっぱりしないという。大便は毎日あるが、今までより量が少なく硬く、快通しない。  腹診上、胸脇苦満は軽微、心下やや満。この患者の、胸のつまった感じは、梔子の入った方剤を用いる目標の「胸中塞がる」の状に相当するものである。  そこで胸のつまるという症状と便秘を目標に、茵蔯蒿湯を用いたところ、七日分で全治したが、あと七日分追加投与した。じんましんの消失とともに、胸のつまる感じも亦よくなったこと勿論である。                                   
大塚敬節


漢方薬の実際知識』 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊
茵蔯蒿湯(いんちんこうとう)  (傷寒論、金匱要略)
 〔茵蔯蒿(いんちんこう)四、山梔子(さんしし)三、大黄(だいおう)一〕
  本方は、陽明病に属し、裏の実熱による各種疾患に用いられる。したがって、裏にうつ熱と瘀水があって煩悶し、上腹部が微満し、心下部の苦悶や 不快を訴え、胸がふさがったように感じ、頭汗(身体には汗がない)、頭眩(ずげん、頭がくらむ)、口渇、発黄、食欲不振、便秘、小便不利または小便不利ま たは減少などを目標とする。
 〔応用〕
 つぎに示すような疾患に、茵蔯蒿湯證を呈するものが多い。
 一 カタル性黄疸、流行性肝炎、血清肝炎その他の肝臓疾患。
 一 血の道、子宮出血その他の婦人科系疾患。
 一 じん麻疹、薬疹、皮膚瘙痒症その他の皮膚疾患。
 一 腎炎、ネフローゼその他の泌尿器系疾患。
 一 そのほか、口内炎、舌瘡、歯齦炎、ノイローゼ、自律神経失調症、脚気など。


《資料》よりよい漢方治療のために 増補改訂版 重要漢方処方解説口訣集』 中日漢方研究会
2.茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) 傷寒論
茵蔯蒿4.0 梔子3.0 大黄1.0

(傷寒論)
陽明病,発熱汗出者,此為熱越,不能発黄也。但頭汗出,身無汗,剤頸而還,小便不利,渇引水漿者,此為瘀熱在裏,身必発黄,本方主之。(陽明)
傷寒七八日,身黄如橘子色,小便不利,腹微満者,本方主之。(陽明)
穀疸之為病,寒熱不食,食即頭眩,心胸不安,久々発黄,為穀疸,本方主之。(黄疸)


現代漢方治療の指針〉 薬学の友社
 咽喉がかわき胸苦しく便秘するもの。黄疸を併発したものには特に好適。
 本方は発黄を治す聖薬ともいわれる。また右症状の伴なった肝臓障害による蕁麻疹に繁用される。肝炎,腎炎に応用する場合は通常五苓散と合方して用いるが,更に便秘がひどく,みぞおちが硬く張っているときは大柴胡湯と併用すればよい。本方は肝硬変,肝臓癌による黄疸には無効である。軟便で便秘がひどくない人や特に虚弱な人には不適で,このような人の黄疸には小柴胡湯黄連解毒湯合方を,蕁麻疹には小柴胡湯桂枝茯苓丸合方などを考慮すべきである。


漢方処方解説シリーズ〉 今西伊一郎先生
 (1)カタル性黄疸 微熱や悪寒がして頭部に発汗があり咽喉の乾きを訴える初期症状を,対象にする。亜急性や慢性に経過するもので,微熱や悪寒はないが口渇や胸部圧迫感がひどく,若干黄疸症状が残っているものには本方と五苓散を合方するとよい。
 (2)口内炎,肝機能障害にもとずく口内炎に前記症状を目安に応用する。特に本方が適応するものは,便秘して口腔粘膜や舌部の炎症がひどく,潰瘍を生じ口臭や熱感を認める急性症状が多い。この症状に似て胃痛,胃部停滞感を訴えるものは黄連湯を考える。
 (3)ジンマ疹,食毒や薬疹に応用されるが,いず罪も前記症状を対象にする。
 (4)腎炎,ネフローゼ,胸部がふさがったような自覚や苦悶感,口渇,尿量の減少,便秘,微熱,悪寒なとの症候複合を目標に,ほとんど五苓散と合方して応用される。
 (5)注意事項 本方は虚弱者や衰弱しているものには用いない。これらには小柴胡湯五苓散黄連解毒湯梔子柏皮湯などを考慮するとよい。


漢方処方応用の実際〉 山田 光胤先生
 黄疸に用いる処方であるが,黄疸がなくても用いられる。その目標は,上腹部がなんとなく張って苦しく,心下部より胸部にかけて塞がるような何ともいえぬ不快な苦しさがあり,食物がとれず,大便が秘結し,尿利が減少する。この時黄疸があれば,少し排泄される大便は白色で石鹸のようになり,小便は量が少なく色が濃い黄褐色や黄赤色になる。また口渇,頭汗のあることもあり,胸がむかむかして嘔きけを生じ,食物をとると頭痛がしたり,めまいがしたりして嘔吐がおこり,食物が通らないものである。こ英さいの腹証は,しばしば肝臓が肥大し,心下から右季肋下にかけて板のような固い抵抗を生じ,これを「古家方則」には「心下堅大」とある。脈は多くは沈実あるいは遅で,舌には黄苔のあることも少なくない。茵蔯蒿湯は,一般に黄疸の処方と考えられているが,むしろこれは上腹部ないし腹部の炎症を去り,利尿をはかり,ついで黄疸を治す薬方である。また黄疸には胆道閉塞性の黄疸,肝細胞性の黄疸(肝細胞の機能障害による胆汁分泌障害),溶血性黄疸の別があるが,茵蔯蒿湯が最もよく効くのは肝細胞性の黄疸である。したがって肝臓癌や肝硬変などで胆道が圧迫されたための胆道閉塞性黄疸には効果がない。そこで最もよく思いられるものは,流行性肝炎(従来カタル性黄疸といったもの)急性肝炎である。そこでこの処方の効果は肝臓の解毒機能および胆汁の分泌を亢め,体内の熱をとると考えられる。茵陳は,胆汁分泌促進の効果があり且つ尿利を増加させる。梔子は消炎の効果があって胸中の痞えを去り,肝臓の機能を亢めて利尿利用をあらわす。大黄は大便を通じ炎症を去る。以上のような三味の薬物の協力作用が本方の薬効であることは勿論である。(中略)茵蔯蒿湯の適応症は体力のある漢方で実証という体質の場合である。ただ体力のある人から中ぐらいの人まで用いることが出来る。しかし元来体質が虚弱な人や,病気が長びいて衰弱したようなものには用いられない。


漢方診療の実際〉 大塚,矢数,清水 三先生
 本方は主としてカタル性黄疸の初期で実証のものに用いられる方剤であるが,必ずしも黄疸がなくてもよい。裏に瘀熱のあるのを目標とする。目標としては腹部殊に上腹部が微満し,心下より胸中にかけて如何にも不愉快で,胸が塞ったような感じがあり,口渇,大小便不利,頭汗,発黄等を認める。脈は多くは沈実で,舌には黄苔のあることがある。本方を構成する茵蔯蒿には,消炎,利尿の外に黄疸を治する特能があり,大黄には緩下消炎の効がある。 故に黄疸でも肝硬変症や肝臓癌等から現われるものには無効である。本方はカタル性黄疸のみならず,脚気,腎臓炎,蕁麻疹,口内炎等その他如何なる疾病で も上述の如き目標を確認する時はこれを用いてよい。


漢方処方解説〉 矢数 道明先生
 陽明病に属する裏(胃腸)の実熱を解する薬方で,カタル性黄疸の初期に用いることが多い。しかし黄疸がなくても裏の瘀熱(内にこもった古い熱)すなわち胃腸に熱が留滞沸鬱して,その熱が心胸に迫るというときに用いられる。裏に鬱熱があって煩悶し,あるいは黄疸を発するのが主目標で,次のような諸徴候を参考とする。腹部ことに上腹部が微満し,心下部より胸部,心臓部にかけて苦悶や不快を訴え,胸がふさがったように感じ,口渇,便秘,腹満,小便不利,頭汗,頭眩,発黄などがある。黄疸がなくとも裏に鬱熱があれば用いてよい。脈は多くは緊であるがときには例外もある。


漢方入門講座〉 竜野 一雄先生
運用 1. 黄疸
 茵蔯蒿湯は黄疸の薬だ位は少し漢方をやった人なら知っている筈である。浅田宗伯先生は「此方発黄を治する聖剤なり。世医は黄疸初発に茵蔯五苓散を用ゆれども非なり。先此方を用て下を取て後茵蔯五苓散を与うべし」(勿誤薬室方函口訣)と黄疸に用いる要領を説いている。茵蔯蒿湯の原典には「傷寒七八日,身黄なること梔子の色の如し。小便利せず,腹微満するものは茵蔯蒿湯之を主る」(傷寒論陽明病)という。身黄だけでは黄疸薬と同じことだから,本方の特徴が小便不利と腹微満とにあることを示している。黄疸は漢方薬に見ると傷寒のものと雑病のものとに大別され,雑病は原因や病状によって又細かく分類される。その中で茵蔯蒿湯の証は湿熱である。「師の曰く,病黄疸,発熱煩喘,胸満口燥する者は病発する時にて其汗を劫かし,両熱を得る所なり。然れども黄家の得る所は湿より之を得,一身尽く発熱,面黄肚熱す。熱裏に在り,当に之を下すべし」(金匱要略黄疸)がそれを語っている。熱と湿とが原因で,面黄肚熱といい,下剤の適応証だというから正に茵蔯蒿湯の証になる。熱は瘀熱に属するものだし,湿は胃に在る。脾は湿を悪むとの考えがあるが脾気を受けて作用を営む胃に湿水が在るときに熱を蒙ると,胃気と水と熱とが一緒になって黄疸を起して来るというのが漢方的な病理である。湿水が停っているから小便の量が少い。之が小便不利である。熱のために大便が燥き燥くと熱を持って来る。之が苦寒大黄をもって下さねばならぬ理由になる。
 「陽明病,発熱汗出づるものはこれを熱越すとなす。黄を発すること能はざるなり。ただ頭汗出で身に汗なく,頭をかぎりて還る。小便利せず,渇して水漿を引くものはこれ瘀熱裏に在りとなす。身必ず黄を発す。茵蔯蒿湯之を主る。」(傷寒論陽明病)はその病理を述べたもので汗が出ぬから黄疸になる。それは停った水が停ったままで熱にむされているからだ。所が頭だけに汗が出て身の方に出ないのはどうしたことだろう。(中略)頭から上の汗は熱気が腹から胸に滞り体表へは行かずに頭の方だけに行く。それにつれて水気が頭に上り汗になる。水漿を引くという位だから渇は相明強い。(中略)雑病に於ける茵蔯蒿湯は穀疸に使うことになっている。穀疸とは胃に既に湿が有る所へ穀(食餌)を摂り,食餌は熱エネルギーを供給するからここに胃熱を生じ,湿と熱とが結合して,湿熱性の黄疸を起すものをいう。「穀疸の病たる寒熱して食せず,食すれば則ち頭眩し,心胸安からず,久々にして黄を発し,穀疸となる。茵蔯蒿湯之を主る。」(金匱要略黄疸)この意味は「穀疸の病とは寒と熱とが部分的に内臓に加わったために胃腸の働きが悪くなり食べられず,強いて食べると穀熱英気が上に昇って来て頭ではめまいを起し,胸では心胸が穏やかならざる感じがし,そういう状態が結き,黄疸を起して来たものだ」ということである。(後略)

運用 2. 瘀熱
 非常に漠然としているが瘀熱ということをよく考えて運用すると案外な場合にも使えるもので,黄疸の有無には関しない。例えば蕁麻疹 発疹の赤味が鮮紅でなく,ややどす黒い感じがし,痒く,桃核承気湯とは色と便秘と脉緊の所は似ているが上衝足冷は著しからず,小便多くは赤きものに使う。
 口内炎,舌瘡,歯齦腫痛,眼目痛などで発赤,疼痛,時に出血のあるものに使う。山梔子の応用を考え,それに茵蔯蒿湯の瘀熱を併せ考えれば応用の理由が判るのである。子宮出血も山梔子を考え,瘀熱性出血と見て使うことがある。小便不利を浮腫の利尿に転じ,瘀熱性の浮腫に使うことができる。

運用 3. 神経症
 婦人寒熱,即ち寒くなったり,熱くなったりして食進まず,めまい,心胸安からざるもの。便秘し,眼が何となくどんよりと赤く黄色味がかって濁っているものに後世方の加味逍遙散などを使う場合と比較するがよい。自律神経不安声効,卵巣機能不全,ヒステリー,などと称せられるものに使う。


漢方の臨床〉 第1巻第2号
漢方医学薬方解説 奥田 謙三先生

(前略)
 本方証
 陽明病,頭に汗出て身に汗なく,小便不利にして渇し瘀熱裏に在りて黄を発す。(傷寒論,陽明病篇)
 傷寒,身黄みて橘子色の如く,小便利せず,腹微満す。(同上)

 略解
 此方は,準陽裏実に属し,熱邪と水邪とが裏に滞って発散せず,津液を燻蒸して上に逆すると見做すべく,其為に或は頭部のみ汗出で,或は頭眩し,或は口渇し,各腹の微満するに因て心胸部の苦悶を感じ,食欲は減退或は反って亢進し,黄疸を発し,或は種々なる出血傾向を現はし,尿不利若くは赤渋し,糞便硬く或は秘結し,脈は概ね沈にして稍や力ある等の証に用ふれば,能く尿を利し便を通じて其効を奏する。

 応用例
 (1)ワイル氏病で,熱があって既に黄疸を発し,皮膚及び粘膜に出血を認め,眼結膜は充血し,舌は乾燥して少しく黄苔を現はし,脾腫を触れ,腹微満して稍や力があり,尿は赤渋で蛋白があり,便通は秘結し,食慾なく,脈に力があって稍や沈なる者。
 (2)カタル性黄疸で,食思欠乏,噯気,悪心,口渇,頭痛,眩暈などがあり,黄色は鮮明で皮膚の瘙痒甚しく,肝臓稍や腫大して心下部少し膨満し,尿は濃黄色にして少量,糞便は臭気強く,色灰陶土様の観を呈し,脈沈遅にして力ある者。
 (3)腎盂炎で,弛張性の熱と之に伴ふ苦痛とがあり,腰痛甚しく,其痛は時々上腿に放散し,下腹部は膨満して稍や緊張を認め,尿意頻数と尿量減少とがあり,尿は溷濁濃度で蛋白があり,大便は秘し,脈は緊数で少しく浮の傾きを呈する者。
 (4)急性腎炎で,食慾不振,頭痛,嘔気,口渇,心動悸,血圧亢進などがあり,身体怠惰で疲労し易く,舌面乾燥し,心下部は少しく膨満し,顔面及び手足に浮腫があり,尿量減少して蛋白の量多く,下痢し易いが快通せず,脈沈細にして力ある者。
 (5)蕁麻疹で,全身に出没し瘙痒甚しく,掻けば煩熱に堪へ難く,上逆,頭痛,頭汗があり,口内の粘膜は紅潮し,舌面は乾燥して口渇があり,下腹部は微満し,尿量少なく,便秘の傾向で脈沈にして稍や力ある者。
 此他尚ほ溶血黄疸,胆管炎,胆嚢炎,急性黄色肝萎縮,発作性血色素尿,膀胱カタル,歯齦炎等にも亦本方証のものがある。以上は此方の大略である。


明解漢方処方 (1966年)』 西岡 一夫著 ナニワ社刊
茵蔯蒿湯(いんちんこうとう) (傷寒論、金匱)

 処方内容 茵蔯蒿六、〇 山梔子 大黄各二、〇 (一〇、〇)
 以上の割合で混合し一日六、〇を食前に分服する。
  必須目標 ①黄疸(茵蔯蒿湯に比べて軽度) ②口渇甚しい ③尿量減少 ④便秘せず ⑤頭汗なし


 必須目標 ①尿量減少 ②黄疸 ③腹部微満 ④便秘 ⑤緊脉 




 確認目標 ①頭汗 ②口渇 ③舌乾燥 ④皮膚瘙痒感 ⑤食慾不振 ⑥目眩(特に食後に甚しい) ⑦嘔吐感 ⑧浮腫 ⑨微熱

 初級メモ ①もし胃部や肋骨弓下部に圧痛感のあるときは大柴胡湯加茵蔯六、〇。もし便秘せず口渇と尿量減少の甚しいときは茵蔯五苓散を用いる。黄疸治療には先ずこの三方から選用すればよい。殊に本方の適応者が多い。
 ②黄疸の種類、原因などの解説には、薬局の漢方「黄疸」を参考にして頂きたい。(漢方の臨床9、9、52)

 中級メモ ①漢方で陽(熱)証の黄疸の原因は“裏に湿熱あり”の一言で説明されている。即ち湿熱とは裏位に熱邪があり、同時にその熱の発散を妨げている水の停滞が共存している状態を意味しており、裏熱×水滞=表位に発散しない熱(瘀熱という)=黄疸の発生。という算数式が成立する。故にこの式を分解して考えると、すぐ判るように裏熱があっても水滞のない時は黄疸は起こらない。
白虎湯などの場合)し、また水滞があっても裏熱が存在しなければ発黄は起こらない(苓桂朮甘湯などの場合)
 ②本方ばかりでなく漢方は水毒を重要視する。水毒は水の停滞によって起こる。患者に水滞があるかどうか、浮腫など外観ですぐそれと判明する場合は容易であるが、そんなことはむしろ例外で大部分の水滞は潜在性である。その潜在性の水滞の有無を診るコツは人体の三つの水分排泄路、即ち汗、尿、大便(漢方では呼気による水分排泄は余り重要視しない)の状態が、どうなっているかによって推察する。本方を例にとると、尿量は減少し、大便は便秘しており、汗は出ない(頭汗は検に水滞あるの好目標となる。頭汗は体表の汗と違い水滞を少しでも少なくするため、自衛反応として出している汗である)とすると三排泄路、すべて排泄不充分であり、当然水滞あることが想像される。そしてそれを確認するのが脉証の緊脉である。即ち緊脉は水分停滞の脉であり、もし表位に水滞あるときは浮緊(麻黄湯など)となり、裏位に水滞あるときは沈緊(苓桂朮甘湯など)となる。本方も必須目標には緊脉とだけあるが、これは裏の水滞ゆえ当然沈緊となる(実際にも沈緊が多い)筈である。が、ときには浮緊のこともあるので、ただ共通した緊脉とだけ記載してある。なお、その上、腹部の微満、目眩、浮腫などあればいよいよ水滞あるに確定されるのである。
 ③その上、舌苔が乾燥しておれば、裏熱のある証拠であり、口渇があれば、更に確定する。漢方の処方決定には以上のように患者の訴える症によって漢方病理を推測し、その病理がある上は、こうした症も出てくる筈だと検に問診し、処方を確定するのが理想的な決定方法である。
 ④頭汗は本方証の有力な目標で黄疸患者で頭汗あれば、その一症だけで本方を用いて良いほどであるが、残念なことにそれが先述のように水滞による自衛排泄で必現の症でないため必須目標には入れがたい。
 ⑤食毒には蕁麻疹に本方を使って卓効のあることかある。これを軽度の急性黄疸と想えば薬理が理解し易い。
 ⑥吉益南涯「裏病。瘀熱して水、腹にある者を治す。その症に曰く、小便不利、腹微満、これ水滞腹に在るの症。曰く頭眩、発黄、頭汗出、渇して水漿を引く、これ瘀熱の症なり。瘀熱は発熱せず、潮熱せず、身に熱なし」(方庸)

 適応証 単純性黄疸。血性肝炎。流行性肝炎。蕁麻疹。口内炎。脚気。

 文献 「茵蔯蒿湯と蕁麻疹」堀均(漢方と漢薬8、1,64)
 


(効能・効果)
【ツムラ】
尿量減少、やゝ便秘がちで比較的体力のあるものの次の諸症。

  • 黄疸、肝硬変症、ネフローゼ、じんましん、口内炎。

【コタロー】
咽喉がかわき、胸苦しく、便秘するもの、あるいは肝臓部に圧痛があって黄疸を発するもの。

  • ジンマ疹、口内炎、胆のう炎。

【一般用漢方製剤承認基準】
体力中等度以上で、口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症:
じんましん、口内炎、湿疹・皮膚炎、皮膚のかゆみ

【重い副作用】
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。

【その他】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く
  • 腹痛、下痢
商品名 製造販売元
発売元又は販売元
一日 製剤量
(g)
添加物 剤形 効能又は 効果 用法及び用量 茵蔯蒿(インチンコウ) 山梔子(サンシシ) 大黄(ダイオウ)
1 オースギ茵蔯蒿湯エキスG 大杉製薬 3.0 乳糖水和物、トウモロコシデンプン、ステアリン酸 マグネシウム 顆粒 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症: じんましん、口内炎 食前又は食間
2~3回
4.0 3.0 1.0
2 クラシエ茵蔯蒿湯エキス細粒
クラシエ製薬 クラシエ薬品
6.0 日局ステアリン酸マグネシウム、日局結晶セルロー ス、日局乳糖水和物、含水二酸化ケイ素 細粒 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症: じんましん、口内炎 食前又は食間
2~3回
4.0 3.0 1.0
3 コタロー茵蔯蒿湯エキスカプセル 小太郎漢方製薬 2.16 (6カプセル) カルメロースカルシウム、軽質無水ケイ酸、結晶セ ルロース、合成ケイ酸アルミニウム、ステアリン酸 マグネシウム、トウモロコシデンプン、ヒドロキシ プロピルスターチ、メタケイ酸アルミン酸マグネシ ウム、カプセル本体に青色1号、黄色5号、酸化チタ ン、ゼラチン、ラウリル硫酸ナトリウム カプセル 咽喉がかわき、胸苦しく、便秘するもの、あるいは肝臓部に圧 痛があって黄疸を発するもの。
ジンマ疹、口内炎、胆嚢炎。
食前又は食間
2~3回
4.0 3.0 1.0
4 コタロー茵蔯蒿湯エキス細粒 小太郎漢方製薬 6.0 ステアリン酸マグネシウム、トウモロコシデンプ ン、乳糖水和物、プルラン、メタケイ酸アルミン酸 マグネシウム 細粒 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症: じんましん、口内炎 食前又は食間
2~3回
4.0 3.0 1.0
5 ツムラ茵蔯蒿湯エキス顆粒(医療用) ツムラ 7.5 日局ステアリン酸マグネシウム、日局乳糖水和物 顆粒 尿量減少、やゝ便秘がちで比較的体力のあるものの次の諸症: 黄疸、肝硬変症、ネフローゼ、じんましん、口内炎 食前又は食間
2~3回
4.0 3.0 1.0
6 テイコク茵蔯蒿湯エキス顆粒
帝國漢方製薬 日医工
7.5 乳糖水和物、結晶セルロース、ステアリン酸マグネ シウム 顆粒 口渇があり、尿量少なく、便秘するものの次の諸症: じんましん、口内炎 食前
3回
6.0 2.0 2.0

2011年9月4日日曜日

大建中湯(だいけんちゅうとう) の 効能・効果 と 副作用

漢方診療の實際』 大塚敬節 矢数道明 清水藤太郎共著 南山堂刊
大建中湯(だいけんちゅうとう)
 本方は、虚寒を目標として 用いる。即ち腹部一体が軟弱無力にして弛緩し、水とガスが停滞し易く、腸の蠕動を外部から望見することことが出来、蠕動亢進の発作時に、腹痛の堪え難いも のを目標とする。また発作時に嘔吐のあることがあり、腹中に寒冷を訴えるものがある。脈は多く遅弱にして、手足は冷え易い。
 本方は蜀椒・乾姜・ 人参・膠飴の四味からなり、蜀椒・乾姜は温性刺激薬で、弛緩した組織に活力を賦与して、これを緊縮させる効があり、人参は胃腸の消化吸収を促し膠飴は急迫 症状を緩和する効がある滋養剤である。従って以上の薬物の協力によって、蠕動運動を鎮め、腹痛を緩解するものである。
 本方は腸管蠕動不穏症・腸狭窄・腸弛緩症・蛔虫による腹痛等に用いられる。ただし直腸癌で腸狭窄を起したものには、一時的の効果はあっても全治は期待出来ない。本方は用量が多過ぎると、時に乾咳・浮腫等の副作用を起すことがある。



『漢方精撰百八方』
73.〔大建中湯〕(だいけんちゅうとう)

〔出典〕金匱要略

〔処方〕山椒2.0 乾姜5.0 人参3.0 右を法の如く煎じ、滓を去り、膠飴20を入れ、再び火にのせ5分間煮沸、之を温服する。

〔目標〕
(自覚的) 腸の動くのを自覚し、腹中が冷え痛み、だるくて、非常に疲れやすく、食欲なく、ときに嘔吐し、或いは便秘する。手足が冷えやすい。

(他覚的) 脈:軟弱、虚にして数、沈遅、細小等。 
舌:湿潤するのを原則とするが、私の経験では、大多数が乾燥した厚い白苔である場合が多い。 
腹:軟弱無力で船底状に陥凹する場合が多いが、ときには虚満を呈することもある。腸の蠕動亢進が甚だしい場合には、腹壁があちらがもちあがり、こちらがへこむという状態を望見することが出来る。本方の条文の中の「皮起り、出で現われ、頭足ありて上下し…」というのは、これを指したものであろう。

〔かんどころ〕腸がうごいて、腹力よわく、腹痛、嘔吐し、疲れがひどい。

〔応用〕
1.胃アトニー又は胃下垂症の重症で、食思欠損し、食すれば腹痛、嘔吐し、羸痩甚だしく、疲労、倦怠その極みに達するもの。
2.劇烈なる腹痛又は蛔虫による腹痛。
3.腸疝痛
4.胃潰瘍
5.腸管蠕動不穏症

〔治験〕本方証は、小建中湯証はどには多いものではないが、かなりに遭遇することのある証である。ことに胃アトニー、胃下垂症等で、諸治を受けて効なく、次第に痩せ衰えて、死の恐怖におびえているような者に、劇的な効果をあげた例を、かなり数多く経験している。
 26才の人妻。結婚前はむしろ太っていた方だったが、数年前から食欲が衰え、次第に痩せて、骨と皮ばかりのようになってしまった。子供がほしいが、生まれない。あちこちを歴訪して、胃アトニー、子宮発育不全等の診断名のもとに、諸種の治療を受けているが、ますます具合が悪くなっていく。脈は沈細。舌は厚い乾燥した白苔。腹は陥凹して、軟弱無力。
 本方を与えること9ヶ月。血色は見違えるほどよくなり。太って、ついに待望の妊娠をすることが出来た。
藤平 健


漢方薬の実際知識』 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊
6 建中湯類(けんちゅうとうるい)
 建中湯類は、桂枝湯からの変方として考えることもできるが、桂枝湯は、おもに表虚を、建中湯類は、おもに裏虚にをつかさどるので項を改めた。
 建中湯類は、体全体が虚しているが、特に中焦(腹部)が虚し、疲労を訴えるものである。腹直筋の拘攣や蠕動亢進などを認めるが、腹部をおさえると底力のないものに用いられる。また、虚弱体質者の体質改善薬としても繁用される。
5 大建中湯(だいけんちゅうとう)  (金匱要略)
 〔乾姜(かんきょう)五、人参(にんじん)三、蜀椒(しょくしょう)二、膠飴二〇〕
  小建中湯よりさらに虚しており、裏の虚寒証に用いられる。したがって、腹部全体が軟弱無力となり、水と気が停滞しやすく、腸の蠕動を外部から 望むことのできるもので、蠕動亢進の際には腹痛のたえがたいものに用いられる。本方證の痛む場所は一定せず、上下左右と動くが、つねにヘソのまわりにある のが目標となる。
 また、発作的に水毒が上衝して嘔吐を伴ったり、腹部が冷えてガスがたまり膨満(腹鳴となることもある)して痛むこともある。手足厥冷(けつれい)、腹部の寒冷および疼痛、蠕動不安、下痢または兎糞便などを目標とする。
 〔応用〕
 つぎに示すような疾患に、大建中湯證を呈するものが多い。
 一 胃拡張症、胃下垂症、胃アトニー症、急性虫垂炎、腸狭窄、腸捻転、腸疝痛、腹膜炎、腸内ガスによる腫痛その他の消他器系疾患。
 一 そのほか、腎臓結石、尿道炎、胆石症、乳汁不足、流産癖、気管支喘息など。
 
 6 中建中湯(ちゅうけんちゅうとう)
 〔大建中湯と小建中湯の合方〕
 大建中湯證と小建中湯證の両方をかねている場合に用いられる。



《資料》よりよい漢方治療のために 増補改訂版 重要漢方処方解説口訣集』 中日漢方研究会
48.大建中湯(だいけんちゅうとう) 金匱要略
蜀椒2.0 乾姜4.0 人参3.0
 上法の如く煎じ 滓を去り,膠飴20.0を入れ再び火に上せ煮沸五分間にて止め之を温服す。

(金匱要略)
○心胸中大寒痛,嘔不能飲食,腹中寒上衝,皮起出見,有頭足,上下痛而不可触近,本方主之(寒疝)

現代漢方治療の指針〉 薬学の友社
 内臓が下垂して腹中に冷感を覚え,嘔吐,腹部膨満感があり,腸の蠕動亢進と共に腹痛の甚だしいもの。
 本方は腹中が強く冷えて腸管の蠕動が外部から見えるような症状に用いられ,この場合腹痛は下からこみ上げてくるような症状を訴えるものである。本方が適応する下痢は弛緩性であり,逆に便秘の場合は腹圧が減退して兔の糞のようなコロコロした便を排泄する。本方と小建中湯,真武湯との鑑別は夫々の処方の項を参照のこと。半夏瀉心湯適応症には 胃部のつかえ,水分停滞感があり,腹鳴があっても腸の蠕動亢進を自覚することはないのに対し,本方適応症は腹中冷感と腸の蠕動不安を訴えるものである。本方を服用後,から咳を増したり,浮腫を生ずる場合は用量を減ずるか,あるいは半夏厚朴湯,五苓散,真武湯などに転方すべきである。なお本方は直腸癌に対しては一時的に症状を軽減させることがあっても結果的には無効である。

漢方処方解説シリーズ〉 今西伊一郎先生
 腹壁が弛緩して望診上腹部にシワがあり,腹管の蠕動が外部から見えるようなものでしかも膨満感があって腹中冷感を自覚し,腹痛,便秘,下痢,悪心,嘔吐などを訴えるもの。
 本方が適する体格は一般的に虚弱で,胃のあたりがくぼみ下腹部がやや突出ているタイプの者に多く,外見上あたかも胃下垂型に見受けられるものが目安となる。内科的には心臓下垂,胃下垂などの傾向があって下腹部に冷感を自覚し,このとき腹痛やガスの充満あるいは蠕動亢進,蠕動不安を伴うことが本方の特徴といえる。本方は以上の複合症候があるものの,便秘症や下痢あるいは腹痛に繁用されるが,本方が適する便秘は兎糞様で割合いかたく,しかも細い便を排出する。下痢は弛緩性の下痢で出渋る傾向があって,腹痛を訴える。以上の様な症状から腸狭窄や腹部内の癒着痛などに奇効のあることが多いが,癒着そのものには無効である。
 類似症状との鑑別:腹部が冷えて痛み,便秘や下痢する点は、小建中湯,真武湯,半夏瀉心湯などに似ているが,
 小建中湯は腹直筋が異常に緊張した場合の腹痛で,時に手足がほてり排尿量,排尿回数とも多い傾向がある。
 真武湯は身体の冷感がきわめて著しく,四肢の末端や腰部に冷感を自覚し,尿利が減退して下痢することが多く倦怠感が著しい。
 半夏瀉心湯は胃部のつかえと腹鳴が著明で,便秘と下痢が交互にあって,下痢しても消化不良性の軟便である。半夏瀉心湯は主として消化器疾患に応用し,脂肪性の食品摂取後や気温や室温が低下すると,すぐ腹鳴がして下痢するというものに応用すればよい。
 投薬時の注意 本方を服用後,まれにカラ咳をしたり,浮腫を生ずることがあるが,この場合は用量を減量するか,または半夏厚朴湯,真武湯,小建中湯などに転方すればよい。


漢方処方応用の実際〉 山田 光胤先生
 体力の衰えた虚弱な人が,腹壁が薄く,軟弱無力で,腸内にガスがたまり,腸の蠕動不安がおこり,これを外部から望見出来,腹が痛んで嘔吐をしたり,飲食物をとることができないものである。(嘔吐はないこともある)脈は,沈,遅,弦,弱または浮大弱,また腹部冷えてガスがたまり,膨満して痛み,時に嘔吐することもある。老医口訣に「厥冷に腹痛を兼ねたものや,又腹中に厥冷のあるもの又蟲積(回虫症)で厥冷を主とするもの。その外諸積急痛(結石などの痛み)の厥冷を治するに大建中湯の用いて治すること。神妙の功あることは誰も知らないが,実に桂附にまさりて厥冷を回復すること至極の秘事なり。」とあって,冷えに基因する諸症に本方を用いてよいことがある。
○古方漫筆「大建中湯は,寒気に侵され,水中に入りなどして陥嚢より小腹(下腹)腰背に引きって痛み,屈伸しがたい者によい」とある。

漢方治療の実際〉 大塚 敬節先生
 金匱要略の寒疝のところで「心胸中,大寒痛し,嘔して飲食する能はず,腹中の寒,上衝し,皮起り出で現はれ,頭足あって上下し,痛んで触れ,近づくべからざるは大建中湯之を主る。」とある。「皮起り出で現われ,頭足あって上下し」とは腸の蠕動が亢進し,腹壁を透してその蠕動を望見することが可能でその状はちょうど,動物の頭や足のようにみえ,それが上に行ったり,下に行ったりしているというのである。また「腹中の寒,上衝し」とは腹が冷えて,それが上につきあげてくるのをいったもので,大建中湯では腹痛が下から上につきあげてくるのである。そこで腸の逆蠕動がみられるのである。(中略)腹痛はいつでも強いとは限らず軽い時もあるが,発作性に消長があり,はげしく胸に攻めあげてくる時は嘔吐を起すこともある。


漢方診療の実際〉 大塚,矢数,清水 三先生
 本方は裏の虚寒を目標として 用いる。即ち腹部一体が軟弱無力にして弛緩し,水とガスが停滞し易く,腸の蠕動を外部から望見することことができ,蠕動亢進の発作時に腹痛の堪え難いも のを目標とする。また発作時に嘔吐のあることがあり,腹中に寒冷を訴えるものがある。脈は多く遅弱にして,手足は冷え易い。
 本方は蜀椒,乾姜, 人参,膠飴,の四味からなり,蜀椒,乾姜は一種の温性刺激薬で,弛緩した組織に活力を賦与して,これを緊縮させる効があり,人参は胃腸の消化吸収を促し,膠飴は急迫症状を緩和する効がある滋養剤である。従って以上の薬物の協力によって,蠕動運動を鎮め,腹痛を緩解するものである。本方は腸管蠕動不穏症,腸狭窄,腸弛緩症,蛔虫による腹痛等に用いられる。ただし直腸癌で腸狭窄を起したものは一時的の効果はあっても全治は期待出来ない。本方は用量が多過ぎると,時に乾咳,浮腫等の副作用を起すことがある。


日本東洋医学会誌〉 第8巻 第1号 藤平 健 先生
 舌苔はないこともあり,厚い舌苔のある場合があり,舌苔も乾燥した場合としからざる場合とがある。腹状はあるいは膨満していることがあり,あるいは舟底状をなす場合がある。大便も秘結のものと,下痢するものがあり,まちまちであるが,自覚的には易疲労,腹部の無力感,他覚的には腹力軟弱な点が共通で,本方の主要投剤目標の一つである腸の蠕動亢進は精密に問診すれば必発である。


漢方処方解説〉 矢数 道明先生
 裏の虚状というのが主目標である。すなわち腹部は全体として軟弱無力で弛緩し,甚だしい場合は挙を腹皮上に置くと陥没し,挙を除いてもしばらくは陥凹したままになっているというほどである。腸内に水とガスが停滞しやすく,腸の蠕動を外部から望見することができる。これがすなわち主治に腹皮動いて頭足あるがごとしと形容されたもので,蠕動亢進の発作時に激しい腹痛を訴えるものである。しかし寒と水毒の上衝があれば,必ずしも蠕動亢進が認められなくともよい。また発作時に心下に衝き上げて嘔吐することもある。腹中に寒冷を訴え,手足が冷え,脈は多く遅弱である。時には腹部がガスで張って大柴胡湯証と誤るほどのこともある。


漢方入門講座〉 竜野 一雄先生
 建中の名は中焦の虚を補い建直すとの意で,大は小に対して有力なことを示す。内容的には人参,水飴の補あり,乾姜,蜀椒の温ありだから,この処方の適応症は虚寒の甚しい状態である筈だ。
 運用 1. 腸の蠕動不安劇しく或は腹痛或は腹痛嘔吐
 金匱要略寒疝に「心胸中大寒し,痛み嘔して飲食すること能はず,腹中の寒上衝し,皮起り出であらはれ,頭足有りて上下し,痛みて触れ近ずくべからず。」とある。この訓み方にはいろいろあるが一先ず右のように訓んでおく。この意味は寒気のために陽の蠕動不安を起し,腸管がもくもく動いてここが持上ったかと思うとそれが消えて別の所が持上って来るというが皮起りから上下しまでの症状である。その際に劇痛や嘔吐を訴えるとの記載だが痛みが起らぬ場合でも使うことが出来る。無熱のときは脈は沈弱のことが多く,熱発を伴うときは浮弱にもなるが,押すと底力のない脈である。腹壁は極めて軟かいことと,膨満し全体的に相当緊張の強いことがある。
 いずれにしても心腹虚寒の状態と蠕動不安とが本方の着眼点になる。臨床的には腸疝痛,回虫による腹痛,或は腹痛,嘔吐の劇しいもの,急性慢性虫垂炎,殊に限局性腹膜炎やドウグラス氏窩膿瘍を併発したもの,腸閉塞症,慢性腸狭窄,腎臓結石,腹石痛等の疼痛劇しきものに頻用する。結核性腹膜炎で硬結又は腹水があって腹満するものに使うことがあるが,これは通常疼痛を伴わず,腹満と蠕動不安とを目標にする。(後略)

 運用 2. 腹壁が綿のように軟い
 大体虚寒証の腹壁は軟かいのが普通だが,大建中湯の場合はそれが顕著で,綿のように軟かく押すと手がずぶっと後腹壁まで達してしまうようなことがある。病名如何に拘らずこの腹証を狙って本方を用いることがある。なおこの際に腸管の蠕動不安を目撃し得たり,触診し得たり,触診して認めたり,或は少くとも,腸係締が触れたりすれば,大建中湯たることは一層確実である。腸の蠕動不安が直接には視触診で認め難いときでもグル音は必ずあるからそれを目標にすべき場合も頗る多い。腸の蠕動不安や腹鳴で鑑別すべきものは半夏瀉心湯,旋覆花代赭石湯,附子粳米湯などでは大体胃部に症状が限局するか或は同部症状が主であることと,これらの脈は大建中湯の脈ほど虚して弱いことはないので区別される。腸管を触れることは桂枝加芍薬湯,人参湯,真武湯四逆湯でもあるが,腹壁がそれほど軟弱無力でないとかグル音がないとか区別できる。


漢方の臨床〉 第2巻 第3号
大建中湯について 大塚 敬節先生

 寒疝と太陰病と脾の虚寒病
 大建中湯は金匱要略の腹満寒疝宿宿食病編にあって,所謂寒疝の治療に缺くことのできない重要な薬方である。
 寒疝とはどんな病気であろう。自覚的には腹痛があり,その腹痛は発作的であり,痛む部位が上下左右に動くが,臍の周囲を疼痛がめぐる傾向があり,瓦斯が充満して腹部が膨満したり,急に縮小したりする。また腹中に雷鳴があり,或は嘔吐し,或は便秘し,或は下痢する。腹満があっても,腹部は一般に軟弱で,疼痛の部位を按壓しても,疼痛の増すことはない。腹中には寒冷感があり,手足は冷え,悪寒を訴えることがある。脉は弦緊を示し,或は緊を帯びる。
 治療は温めることを原則とする。
 大建中湯の「中」は,小建中湯の「中」と同じく,脾胃を指している。漢方では「脾は中に位置し,胃の機能をたすけるものである」と言っているから,現代の脾臓には該当しない。一説に,漢方の脾は,いまの膵臓だと云う人もある。或はそうかも知れない。
 建中は,脾胃の機能の損傷を建立するという意味で,大建中湯は「中焦の虚寒」を治する方剤で,金匱要略の分類では,寒疝の治剤であるが,傷寒論の分類では,太陰病の治剤である。
 傷寒論の太陰病の症状は,寒疝のそれに近似して,腹部の膨満,嘔吐,下痢,腹痛があって,これに下剤を与えると,腹部は逆に膨満してくる。これは太陰病の腹満が実証でなくて,虚証であるからである。また太陰病では,下痢していても,口渇がないのを原則とする。これは裏に寒があるからである。太陰病の治療は寒疝と同じく,これを温めるのを原則とする。また太陰病の下痢は,脾の虚によって起るものであるから,脾が実すれば,下痢が自然に止むのである。傷寒論では,このことを「傷寒,脉浮にして緩,手足自ら温の者は,繫りて太陰に在り,当に身黄を発すべし,若し,小便自利の者は,黄を発する能はず,七八日に至って,暴煩,下痢,日に十余行と雖も,必ず自ら止む,脾家実し,腐穢,当に去るべきを以っての故なり」と論じている。経絡思想からみても,足の太陰は脾経であって,千金要方によれば,邪が脾胃にあって,陽気が衰えて,陰気が盛んであれば「中」が寒えて,腸が鳴り,腹痛し,脾気が弱ければ下痢するといい,脾の虚冷の条に,右手の関上の脉が重按して虚の者は,足の太陰経が病むのであって,下痢,腹満,気の上逆,嘔吐,黄疸を起し,心煩して安臥することができず,腸が鳴るとある。以上を通覧するに,金匱要略の寒疝も,傷寒論の太陰病も,千金方の脾の虚寒病も,実は同じ病気であって,その分類の相違によって,ちがった名称がつけられたにすぎないのである。

 大建中湯の適応症
 (腹証)大建中湯は,その特異な腹証によって,診断は比較的容易であるが,いつでも金匱要略の指示のような定型的な腹證を現わすとはきまらない。腸の蠕動不安は,大建中湯證に屢々みられるが,蠕動が腹壁を透して望見できるような場合でも,大建中湯を禁忌とすることがある。桂枝加芍薬湯,小建中湯,人蔘湯,旋覆花代赭石湯,半夏厚朴湯,真武湯,当帰四逆湯などの場合にも,蠕動不安がみられることがある。だから,蠕動不安があるという一事で,大建中湯證ときめてはならない。これとは逆に,皮下脂肪の多い人では,蠕動を望見できないことがあり,また腸管にガスが充満している時は,先部の緊満感だけを訴えて,蠕動を触知することができないこともある。14年程前に,わたくしは,腎臓結石による疝痛発作の時,竜野一雄先生に大建中湯證と診断せられて,これをのんだが,その時は腹部は緊満してして,大柴胡湯でも用いたいような腹證であった。ところが,大建中湯をのんで暫く経つと,腹部が軽くなり疼痛が拭うようによくなり,結石が2つ出てきた。腎臓結石の疝痛発作には,大建中湯の證が可成りみられる。この時は,腹筋は緊張して,腸の蠕動は望見できないことが多い。
 大建中湯證の腹は,軟弱感力で,臍部に拳をあてると,そのまま拳が腹壁に埋れたように沈み,脊柱に手がとどくのではないかと思われるほどのものがあるが,これとは反対に,前述のように,腹筋の緊張の甚しいものがあり,ともに大建中湯の腹證として現われることがある。
 次に大切なことは,腹部に「寒」があるということである。この寒は,患者が自覚的に訴えることもあるが,このようなことは比較的まれである。医師が腹診にさいして,悪寒を覚えることもあるが,これも必発の症状ではない。しかし一体に,腹を冷やすとか,足を冷やすとかすると,疼痛が増劇し,腹部を温めると,疼痛が緩解する。
 (腹痛)金匱要略の指示の通り,定型的の證では,腹痛があり,この腹痛には消長があり,疼痛の部位が移動する傾向がある。疼痛の部位は,壓によって痛みの増すことはないが,盲腸周囲炎で,大建中湯證を呈したような場合には,患部に壓痛があることは勿論である。しかし大建中湯證で,腹痛の全くないものもある。わたしが漢方で開業して,2,3年経った頃であった。30歳あまりの一婦人が来院した。肥満した血色のすぐれない方で,長年の間,気分が滅入るようで,耳が鳴るという訴えである。いろいろと手当をしたが,よくならないので,診てくれという。脉はどんなであったか忘れたが,腹部は膨満しているが,軟弱無力で,とても冷い。腹痛はなかった。わたしは,この患者に大建中湯を与えたが,これが大変によく効いて,すっかり元気になり,家族一同が漢方の大のファンになってしまった。それからは,何の病気になっても,この患者には,大建中湯が効いあ。難波抱節の類聚方集成には,運用の部に,傷寒緒論を引用して「太陽病,重ねて復,汗を発し,陽虚して耳聾し手をくんで自ら冒う者は,慎んで,小柴胡を誤用すること勿れ。大建中湯に宜し」とある。
 (嘔吐,便秘,下痢)腹痛がはげしくて,嘔吐を催すことはあるが腹痛を伴わないで,嘔吐のくることは珍らしい。
 大建中湯證では,下痢を伴うことは少く,むしろ大便が快通しない場合がある。軟便であるに拘らず,一度に気持よく出ない。また兔の糞のようなコロコロしたものが出ることもある。屢々便秘するが,大黄剤を用いると,反って腹痛,裏急後重が起って,下剤を禁忌するものが多い。次のような例がある。
 「温知医談」第21号に,岡田昌春は,次のような治験を発表している。
 「曽て,番町に旗下の士,某妻二十四五,平素,心下へ衝逆して痛み甚しきの宿疾あり。一日,例の如く衝逆甚しく,殊に嘔逆して薬食ともに納まらず,処方は千金堅中湯に加呉茱萸を用ゆ。いよいよ嘔逆して劇痛しのぶべからず。大便結鞕,腹裏拘急甚し。因て辛温に宜しきか,苦寒に宜しきか,其方を考ふるに,老針医,傍にありて,何とも発言せざりしが,甚失敬至極なりといへども,大建中湯を一服用いられてはいかがと云ふ。愚考ふるに,針医の言,いかにも親切にして,私なければ,直に薬籠を取りよせ調剤して薬汁も漸々に納り,劇痛,頓に止み偉効を得たり」 
 ここにあげた様な大建中湯證のあることも忘れてはならない。

(手足厥冷) 大建中湯證の患者は,一般に冷え症で,殊に腹痛発作などの場合には,厥冷が甚しくなる。
 老医口訣に「厥冷に腹痛を兼ねたるか,腹痛に厥冷を兼ねたるか,又蟲積の厥冷を首として其外諸積,急痛の厥冷を治するに大建中湯を用ひて治すること神妙の功あることはたれも知らぬぞ」

(脉) は遅弱の場合もあり,弦緊のものもあり,浮大のものもあって一定しないが,底に力のない脉である。

(舌) 舌苔がなくても湿濡している。但し,時には白い薄い苔のつくことがある。

(体温) 体温の如何に拘る必要はないが,体温が上昇しても,裏に寒のあることを認めれば,用いてよい。盲腸周囲炎やドーグラス氏窩膿瘍に,大建中湯を呈するものがあり,体温38度以上あるものに,大建中湯を用い,膿瘍が腸に自潰して全治した例を報告している。

 以上の適応症によって,大建中湯は,腸蠕動不穏症,腸疝痛,腸捻転,腸管狭窄,蛔蟲,腎臓結石,蟲垂炎,腹膜炎,胃腸アトニー症,胃下垂症,膵臓炎などに用いられる。(後略)



類聚方広義〉 尾台 榕堂先生
 小建中湯は裏急拘攣痛を治し,此方は寒飲升降,心腹劇痛して嘔するを治す。故に疝癖(腹部の硬結や仮性腫瘤)腹中痛む者を治す。又疣虫を挟むを治す。


勿誤方函口訣〉 浅田 宗伯先生
 此方小建中湯と方意大に異なれども,膠飴一味あるを以て建中の意明了なり。寒気の腹痛を治するは此の方に如くはなし。蓋し大腹痛にして胸にかかり,嘔あるか,腹中塊の如く凝結するかが目的なり。故に諸積痛み甚しくして,下から上へむくむくと持ち上る如き者に用いて妙効あり。解急蜀椒湯は此の方の一等重き者なり。









※『老医口訣』 浅田宗伯著
※古方漫筆 原南洋(原信成)著 天保三年

※腹満寒疝宿宿食病編は、宿が一つ多い。腹満寒疝宿食病脈証并治第十
※缺:欠の異体字
※瓦斯:ガス
※壓:圧の異体字
※繫:繋(つなぐ、つながる)の異体字
※人蔘湯=人参湯
※難波抱節: 寛政3 (1791)年 ~ 安政6 (1859)年 。漢蘭折衷医。
備前の名医 難波抱節
※漸々に (ぜんぜんに):次第に。
※ドーグラス氏窩(ダグラス氏窩)子宮と直腸で挟まれる腹腔の一番下の場所。
※ダグラス窩膿瘍 :骨盤腹膜炎の一種です。菌力の強い細菌におかされると、子宮と直腸の間にあるダグラス窩と呼ばれているくぼみにうみがたまり、膿瘍をつくる病気です。発熱が続き、下腹痛が強く、下腹部がふくれることもあります。直腸を刺激して、しじゅう便意をもようすのも特徴です。







(効能・効果)
【ツムラ】 腹が冷えて痛み、腹部膨満感のあるもの。
【コタロー】
腹壁胃腸弛緩し、腹中に冷感を覚え、嘔吐、腹部膨満感があり、腸の蠕動亢進と共に、腹痛の甚だしいもの。
  • 胃下垂、胃アトニー、弛緩性下痢、弛緩性便秘、慢性腹膜炎、腹痛。

肝機能障害,黄疸:AST(GOT),ALT(GPT),Al-P,γ-GTPの上昇等を伴う肝機能障害,黄疸があらわれることがあるので,観察を十分に行い,異常が認められた場合には投与を中止し,適切な処置を行うこと。

[副作用]の「重大な副作用」追記
「間質性肺炎:
咳嗽、呼吸困難、発熱、肺音の異常等があらわれた場合には、本剤の投与を
中止し、速やかに胸部X線、胸部CT 等の検査を実施するとともに副腎皮質
ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。」
コタロー大建中湯エキス細粒 (小太郎)
ツムラ大建中湯エキス顆粒(医療用) (ツムラ)
薬食安通知より
【2012年 1月10日(火)】


【一般用漢方製剤承認基準】
〔効能・効果〕
体力虚弱で、腹が冷えて痛むものの次の諸症:
下腹部痛、腹部膨満感


【重い副作用】
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が褐色。
  •  肝機能障害、黄疸:AST(GOT)、ALT(GPT)、Al - P、γ- GTP
     の上昇等を伴う肝機能障害、黄疸があらわれることがあるので、
      観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止し、
      適切な処置を行うこと。

【その他の副作用】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、腹痛、下痢、悪心、嘔吐、下痢等
  • 発疹、発赤、かゆみ、じんましん


(高齢者への投与) 
 一般に高齢者では生理機能が低下しているので減量するなど注意すること。

(妊婦、産婦、授乳婦等への投与)
 妊娠中の投与に関する安全性は確立していないので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性 を上回ると判断される場合にのみ投与すること。

(小児等への投与)
 小児等に対する安全性は確立していない。

参考
小児の投与目安量
未熟児 新生児 3ヶ月 6ヶ月 1歳  3歳 7歳半 12歳 成人
1/10    1/8   1/5   1/5   1/4  1/3  1/2   2/3   1

ninjaanalyze