健康情報: 牛車腎気丸(ごしゃじんきがん) の 効能・効果 と 副作用

2013年9月11日水曜日

牛車腎気丸(ごしゃじんきがん) の 効能・効果 と 副作用

漢方診療の實際』 大塚敬節・矢数道明・清水藤太郎著 南山堂刊
八味地黄丸(腎気丸)に牛膝 車前子各三・ を加える。
八味丸に牛膝・車前子を加えたものを牛車腎気丸と名付け八味丸の働きを更に増強させる意味に用いられる。



漢方薬の実際知識 東丈夫・村上光太郎著 東洋経済新報社 刊

13 下焦の疾患
下焦が虚したり、実したりするために起こる疾患に用いられる。ここでは、下焦が虚したために起こる各種疾患に用いられる八味丸(はちみがん)、下焦が実したために起こるものに用いられる竜胆瀉肝湯(りゅうたんしゃかんとう)についてのべる。

各薬方の説明
1 八味丸(はちみがん)  (金匱要略)
〔乾地黄(かんじおう)五、山茱萸(さんしゅゆ)、山薬(さんやく)、 沢瀉(たくしゃ)、茯苓(ぶくりょう)、牡丹皮(ぼたんぴ)各三、桂枝(けいし)一、附子(ぶし)○・五〕
本 方は、八味地黄丸、八味腎気丸、腎気丸とも呼ばれる。下焦が虚し、水滞、血滞、気滞を起こし、血滞のために煩熱を現わし、口渇を訴えるもの である。したがって、疲労倦怠感、口渇、小腹不仁(前出、腹診の項参照)、浮腫(虚腫)、腰痛、四肢冷、四肢煩熱、便秘、排尿異常(不利または過多)など を目標とする。なお、本方は、地黄のため胃腸を害することがあるから、胃腸の弱い人には用いられない。
〔応用〕
つぎに示すような疾患に、八味丸證を呈するものが多い。
一 腎炎、ネフローゼ、腎臓結石、腎臓結核、萎縮腎、陰萎、夜尿症その他の泌尿器系疾患。
一 坐骨神経痛、神経衰弱、ノイローゼその他の精神、神経系疾患。
一 脳出血、動脈硬化症、高血圧症、低血圧症その他の循環器系疾患。
一 気管支喘息、肺気腫その他の呼吸器系疾患。
一 眼底出血、網膜出血、白内障、緑内障、網膜剥離その他の眼科疾患。
一 湿疹、乾癬、頑癬、老人性皮膚掻痒症その他の皮膚疾患。
一 帯下その他の婦人科系疾患。
一 椎間軟骨ヘルニア、下肢麻痺その他の運動器系疾患。
一 難聴、衂血その他の耳鼻科疾患。
一 そのほか、脚気、痔瘻、脱肛など。

八味丸の加減方
(1)牛車腎気丸(ごしゃじんきがん)  (済生方)
〔八味丸に牛膝(ごしつ)、車前子(しゃぜんし)各三を加えたもの〕
八味丸證で、尿利減少や浮腫のはなはだしいものに用いられる。本方は、八味丸の作用を増強するために加えられたものである。



臨床応用 漢方處方解説 矢数道明著 創元社刊
八味丸
 勿誤薬室方函口訣には、「此ノ方ハ専ラ下焦ヲ治ス。故ニ『金匱』ニ少腹不仁、或ハ小便自利、或ハ転胞ニ運用ス。又虚腫、或ハ虚労、腰痛等ニ用テ効アリ。其ノ内、消渇ヲ治スルハ此ノ方ニ限ルナリ。仲景ガ漢武帝ノ消渇ヲ治スト云フ小説アルモ虚ナラズ。此方牡丹皮、桂枝、附子ト合スル所ガ妙用ナリ。済生方ニ牛膝、車前子ヲ加フルハ、一着輸(ヘ)タル手段ナリ。医通ニ沈香ヲ加エタルハ一等進ミタル策ナリ」とあり



明解漢方処方 西岡一夫著 ナニワ社刊
八味丸
 初級メモ
 ⑤老人の腰痛、脚腫、陰痿には、車前子、牛膝各三・〇を加えた、牛車腎気丸を繁用する。



牛車腎気丸が用いられる主な疾患・症状

慢性腎炎、ネフローゼ症候群、萎縮腎
代謝 糖尿病、高脂血症
泌尿器 陰痿、急・慢性膀胱炎、前立腺肥大症、慢性前立腺炎、男性不妊、尿失禁、排尿障害
神経・筋 坐骨神経痛、脳血管障害後遺症
循環器 高血圧症、低血圧症
運動器 腰痛症、肩こり症、肩関節周囲炎(五十肩)、骨粗鬆症
白内症、眼精疲労
耳鼻咽喉 耳鳴
皮膚 老人性皮膚掻痒症、湿疹
その他 各疾患に伴う浮腫、更年期障害

作用機序として、NO 産生促進による末梢血流改善作用、κ-オピオイド受容体を介した鎮痛作用が報告されている。

ninjaanalyze