健康情報: 加齢黄斑変性、4人に1人が認知 しかし、白内障や緑内障と比べると依然低い認知度

2007年1月31日水曜日

加齢黄斑変性、4人に1人が認知 しかし、白内障や緑内障と比べると依然低い認知度

50代から70代の男女対象、眼疾患に関する意識調査 加齢黄斑変性、4人に1人が認知 しかし、白内障や緑内障と比べると依然低い認知度~白内障、緑内障は約9割の認知。失明の危険性もある加齢黄斑変性へ理解が必要~
(コメント)
加齢黄斑変性に有効なサプリメント原料として、ルテインやゼアキサンチンが有名です。どちらも、カロテノイド(カロチノイド)の一種です。マリーゴールドから抽出されたものが利用されています。
この他、β-カロテンや亜鉛なども有効と言われています。
目に良いカロテノイドとしては、この他、アスタキサンチンが有名です。
健食原料のほとんどは、ヘマトコッカス藻からの抽出物ですが、オキアミ由来の原料もあるようです。調節力と疲れ眼に対する自覚症状の改善効果が確認され、疲れ目などにも効果があるようです。抗酸化作用はあるので、AMDにも有効かもしれません。
余談ですが、加齢黄斑変性の略はAMDですが、AMDと聞くと、どうしてもアスロンなどを思い出してしまいます。
http://www.novartis.co.jp/news/2007/pr20070130.html

ninjaanalyze