健康情報: ○[探健クラブ]バストアップ

2006年12月22日金曜日

○[探健クラブ]バストアップ

○[探健クラブ]バストアップ
40歳体形崩れ…あきらめない!

 女性の体形は40歳前に急激に変化し、60歳代ではかなり個人差が
大きくなるのだそうです。変化が最も著しい部分の一つがバストです。
年とともに乳房が下がってくるのはなぜか、それを防ぐにはどんな方法があるのか――。

(続きは)
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/tanken/20070524ik21.htm

(コメント)
バストアップに関係する健食原料としては、ザクロ、プエラリア、大豆イソフラボン、
ヤムイモ(ワイルドヤム)、タンポポ根(蒲公英根)、コロハ(胡蘆巴、フェヌグリーク)、
レッドクローバー(ムラサキツメクサ)などがあります。

ダイエット同様、古くからあり、取締まりの対象にもなりやすいカテゴリーです。

特定の製品を摂取するだけで容易に体の一部に特異的効果が表れるとすることは、医薬品的な効果効能に当たるため、広告表現は認められません。

女性誌、美容・健康雑誌で、掲載されているもので、「サプリメントを飲むだけで、バストアップが見込める」等の表現はすべて、薬事法違反となります。

また、多くの場合、虚偽・誇大な広告であるので、景品表示法や健康増進法上も違反となると思われます。


蒲公英(ほこうえい)について

蒲公英(ほこうえい)は余り漢方薬としては使われていませんが、蒲公英湯(ほこうえいとう)という漢方薬方があります。

内容は、蒲公英8g、当帰6g、香附子・牡丹皮各3g、山薬4gの5種類の生薬で構成されます。江戸時代の奥劣齊という日本の漢方医が考案した漢方薬方です。

かっての漢方医家はそれぞれ秘伝の催乳薬を工夫していた記録があります。

昔は産後のある期間は動物性タンパクや脂肪を制限して、お粥・梅干し・鰹節などを薦めた。鯉などにも催乳作用があると考えられています。

江戸時代の川柳に「乳の薬 里から魚の見舞なり」という句があります。『俳風柳多留』
魚編に里と書いて鯉(こい)であるのに掛けていて、嫁いだ娘に赤ん坊が生まれると、母乳がたくさん出るように実家から鯉が届けられたようです。

銀杏(イチョウ)の気根(きこん)を煎じて飲むと、やはりお乳の出が良くなると言われています。
「気根」(きこん)というのは、植物の幹から空気中に出 る根のことです。
子宝に恵まれるよう、あるいは安産のシンボルとしてあがめられることもあります。
全てのイチョウが気根を出すわけではないようですが、神社などにある古い銀杏(イチョウ)に
気根を持つものが多いようです。

ninjaanalyze